19/20年度米国大豆需給予測、期末在庫を7億5,500万busに下方修正/米農務省


大豆需給見通し、大豆油・大豆かすの需給見通し

大豆需給見通し、大豆油・大豆かすの需給見通し

作付・収穫面積が減少・単収据え置き、輸出は減少

米農務省が12日発表した、19/20年度の米国大豆需給予測によれば、単収は前回から据え置きとなったが、作付面積が前回比4.1%減、収穫面積が4.3%減とそれぞれ下方修正されたことで、生産高は4.3%減の36億8,000万busに大幅下方修正された。

総需要量は輸出が前回から減少したことで、2.5%減の40億1,600万busに下方修正されたが、総供給量の減少幅が上回り、これにより期末在庫は7億5,500万bus(在庫率18.8%)に下方修正された。

〈大豆油糧日報 2019年8月19日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/08/2019-0819-1055-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp