銀座でスコッチウイスキー「デュワーズ」の音楽フェス、テーマは「起源」/バカルディジャパンとサッポロビール


スコッチウイスキー「デュワーズ」の音楽フェス「Dewars Highball Crossing Festival」

バカルディジャパンとサッポロビールは8月10~18日、スコッチウイスキー「デュワーズ」の音楽フェス「Dewar’s Highball Crossing Festival」をGINZA PLACE3階パノラマスペースcommonginzaで開催してい。

「デュワーズ」が「ハイボールの起源」とされることからインスピレーションを得て、bird、曽我部恵一、Michael Kanekoなど総勢13組のアーティストが日替わりで「音楽の起源」をテーマにアコースティックライブを行うもの。入場料無料(1ドリンクオーダー制)。「デュワーズ12年ハイボール」(500円)など3種のハイボールや「スコッチエッグ」(800円)などを提供する。

9日にはメディア発表会を同所で開催。バカルディジャパン マーケティングディレクター須田伸氏は、「クールな音楽とクールなハイボールで楽しくチルアウトしてほしい」とあいさつした。会場には人工芝を敷き詰め、都会の中のリゾートを演出。「デュワーズ」のメインターゲットである27~40歳の男女へ向け、「アコースティックという切り口で、“起源”にリンクしやすいアーティストを選んだ」という。

「デュワーズ」の販売状況についてサッポロビールスピリッツ事業部長島田淳氏は、「昨年の販売数量は20万ケース。今年の目標は15%増の23万ケースだったが、1~7月で40%増、樽詰め込みでは50%増と大きく伸長。25万ケース(樽詰め込みでは27万ケース)での着地が見えてきた」と話す。樽詰めハイボール取扱店も「2020年に3,000店が目標だったが、現在2,400店と好調に広がっている」という。

発表会ではゲストにミュージシャンwyolica のAzumiさんと、バーで提供する「スコッチエッグ」を監修した森枝幹シェフを招き、トークショーも実施した。

なお、営業時間は15時から21時で、ライブは19時から約30~40分。目標動員数は2,000人、ハイボール提供数は3,000杯。

〈酒類飲料日報 2019年8月13日付〉

スコッチウイスキー「デュワーズ」

スコッチウイスキー「デュワーズ」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/08/2019-0816-1132-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp