8月8日は“こうじの日”、東京駅内で「塩こうじ旨み弁当」発売、ハナマルキ「液体塩こうじ」を使用


「塩こうじ旨み弁当」

「塩こうじ旨み弁当」

ハナマルキと大船軒(神奈川県鎌倉市)は、8月8日「こうじの日」に向けて「液体塩こうじ」を使用したオリジナル駅弁「塩こうじ旨み弁当」(税込1,300円)を共同開発、東京駅内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」含む2店舗で、8月8日から1カ月間の期間限定で発売開始した。

液体塩こうじは、素材を冷めてもおいしく保ち、色味を鮮やかにすることやご飯をつやつやにする効果があるため、お弁当メニューでも多く利用されているという。

今回は、こうした液体塩こうじのメリットをより消費者に実感してもらえる液体塩こうじを使ったおかず・ご飯で構成した「塩こうじ 旨み弁当」を発売する。

メニューの考案、お弁当の製造については、1898年(明治31年)創業、1899(明治32)年には日本で最初の駅弁サンドウィッチを販売するなど、駅弁製造では著名な(株)大船軒に協力してもらい、駅弁にマッチする液体塩こうじ使用メニューを共同で考案、ご飯やおかずに至るまで、お弁当のほとんどのメニューに液体塩こうじを使用、液体塩こうじの使用範囲の広さを認識してもらえる内容とした。

「こうじの日」には、東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ店」と「駅弁屋(新幹線南乗換口店)」の店頭で「塩こうじ 旨み弁当」を購入した人に、液体塩こうじ(20ml)1袋とミニレシピブックのセットをプレゼントする(数量限定、なくなり次第終了)というキャンペーンも実施する。

◆「塩こうじ旨み弁当」メニュー
新生姜と雑穀米の液体塩こうじ炊き込みご飯、液体塩こうじ漬信州サーモンのスモークの炙り、液体塩こうじ漬鶏ささ身のカツレツ、長いもの液体塩こうじ漬ごまみそ掛け、液体塩こうじ漬牛肉のすき煮風、液体塩こうじ漬豚肉で巻いたエリンギのオーブン焼き、野沢菜のごま油炒め、野菜と高野豆腐の煮物、玉子焼き、りんごのシロップ煮。

〈大豆油糧日報 2019年8月8日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/08/2019-0808-1902-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp