はなまるうどん 店舗限定「チーズキーマカレーうどん」発売、ハウス食品「咖喱屋カレー」とコラボ


はなまるうどん×ハウス食品「チーズキーマカレーうどん」

はなまるうどん×ハウス食品「チーズキーマカレーうどん」

8月2日は“カレーうどんの日”

「はなまるうどん」は8月2日“カレーうどんの日”に、ハウス食品とのコラボメニュー「チーズキーマカレーうどん」(小=税別590円、中=税別690円)を都内3店舗(御茶ノ水明大通り店、神保町店、渋谷公園通り店)限定で販売開始する。期間限定、なくなり次第終了。

ハウス食品「咖喱屋カレー」シリーズが誕生20年となり、「カレーうどんのおいしさや新しい食べ方を知ってもらいたい」という両社の強い思いから、コラボレーションに至ったという。 

29種類のスパイスを調合したハウス食品「咖喱屋キーマカレー」は、鶏ひき肉を煮込み、きざみしょうがで仕上げた香り高くコクのある「キーマカレー」。今回発売する「チーズキーマカレーうどん」は、はなまるうどんの“食物繊維麺”と、ハウス食品の“咖喱屋キーマカレー”、そして特製チーズソースが絡み合い、まろやかな味わいとなっている。

ハウス食品「咖喱屋キーマカレー」

ハウス食品「咖喱屋キーマカレー」

今回のコラボレーションを記念し、「チーズキーマカレーうどん」提供3店舗では、「チーズキーマカレーうどん」を注文した人に、ハウス食品「咖喱屋キーマカレー(中辛)」をプレゼントする。先着順で、なくなり次第終了。
 
なお、8月2日“カレーうどんの日”は、1910年に東京目黒の蕎麦屋「朝松庵」がカレーうどんを提供開始してから100年になる2010年、カレーうどんの地位向上を目指す「カレーうどん100年革新プロジェクト」によって制定。日付は6月2日がかつて“横浜・カレー記念日”であったこと、7月2日が“うどんの日”であることから、8月2日にしたという。高い知名度を誇りながらも、実際に食べられる頻度は少ないカレーうどんについて、記念日制定により“食べる”機会を創出すると共に、カレーうどんを開発するメーカー、飲食店などによる革新的なカレーうどんの創造を喚起する狙いがあるという。

「チーズキーマカレーうどん」イメージ

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/08/2019-0802-0642-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp