“ピザハット史上最も辛い”「ちょっと激辛ペーニョ」が好調、9月末まで販売期間を延長


日本ピザハット「ちょっと激辛ペーニョ」

日本ピザハット「ちょっと激辛ペーニョ」

「メキシカン辛ペーニョ」に3倍量のハラペーニョ、緑の激旨辛ピザ

日本ピザハットが展開するピザチェーン「ピザハット」の新メニュー「ちょっと激辛ペーニョ」(Mサイズ税込2786円、Lサイズ税込4244円)が好調だ。熱い真夏に辛いメニューを食べたい消費者ニーズを掴み、予想を上回る販売実績で推移している。販売期間も当初予定の8月末から9月末に延長した。

7月8日に販売を開始した「ちょっと激辛ペーニョ」は、6月17日に先行販売した「メキシカン辛ペーニョ」に3倍量のハラペーニョを加え、隠れファンが多いというピザハットオリジナル「グリーンチリソース」の増量で辛さと旨味の高みを目指した“緑の激旨辛ピザ”。「メキシカン辛ペーニョ」を注文した利用客から、「もっとハラペーニョをのせてほしい」「もっと辛いのも食べてみたい」といった要望が多く寄せられたことから開発した。

「ただ辛さだけを極めるのではなく、おいしさと辛さが感じられる“旨辛”の限界に挑戦した。開発に際し社内から、『これ以上辛くすると旨辛にならない』『もっと辛いほうがおいしい』といった賛否両論の意見が上がり、人によって辛さの感じ方がさまざまであることから『ちょっと激辛ペーニョ』という商品名になった」(同社開発担当者)という。

使用食材は、ハラペーニョ、あらびきスライスソーセージ、イタリアントマト、グリル野菜、特製ミートソースなど。“旨辛ピザ”の最大の秘密はオリジナルの辛味ソース「グリーンチリソース」で、増量(1個30円)も可能だ。

「ピザハット史上、最も辛い。」を謳う同商品。同社は「食べた人にしかわからない、“旨辛”の限界に挑んだ渾身の一枚を、この機会にぜひ一度食べて欲しい」としている。

〈食品産業新聞 2019年7月29日号〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/07/2019-0730-1412-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp