伝説のすた丼屋 総重量700g、“豚肉×豚肉”の「豪快がぶりとんかつ合盛りすた丼」発売、ご飯は“茶碗3杯分”


「豪快がぶりとんかつ合盛りすた丼」

「豪快がぶりとんかつ合盛りすた丼」

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営するアントワークスは7月29日から、全国の店舗(一部店舗を除く)で「豪快がぶりとんかつ合盛りすた丼」(税込830円)を期間限定で販売する。

「豪快がぶりとんかつ合盛りすた丼」は、スタミナ食材“ニンニク”をたっぷり使用した「すた丼」と、豚肉料理の定番「とんかつ」を合盛りにした、豪快にがっつける“豚肉×豚肉”のどんぶり。“茶碗約3杯分”の大盛ご飯に、千切りキャベツ、豚バラ肉(「すた丼」並と同量)、100gのロースとんかつを切らずに丸々のせた、総重量約700gのボリューム満点な一品に仕上げた。

使用するとんかつは三元豚を使用しており、柔らかくジューシー。サクサク感を残しつつソースを全体に染み込ませるために、揚げたてのとんかつを「特製すたみなソース」に丸ごとくぐらせ“どぶ漬け”にした。

「特製すたみなソース」は、醤油ベースの甘辛いタレにおろしニンニクを加え、さらにかつおや昆布など和風だしのエキスをベースに15種類の調味料をブレンドしている。濃厚な中にも甘みとニンニクのパンチを効かせ、食欲が減退する時期でもかぶりつきたくなる味わいで、白米やキャベツとの相性も良い。

アントワークスによると、「“うだるような暑さの季節”に、夏バテを撃破し、夏を思いきり楽しんでいただきたい」との思いから、今回のスタミナ満点な新商品「豪快がぶりとんかつ合盛りすた丼」を開発したという。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/07/2019-0727-1103-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp