本格焼酎市場 全体は低調も芋焼酎は微増、業務用で高付加価値商品やハイボール提案など工夫目立つ


芋焼酎「木挽BLUE」(雲海酒造)、麦焼酎「神の河Black」(薩摩酒造)、米焼酎「金しろ」(高橋酒造)

芋焼酎「木挽BLUE」(雲海酒造)、麦焼酎「神の河Black」(薩摩酒造)、米焼酎「金しろ」(高橋酒造)

メーカー各社が巻き返しに取り組み

近年、本格焼酎業界では、芋焼酎の炭酸割りの提案をはじめ、独自の原料や製法、技術を用いたニュータイプの芋焼酎が続々と誕生するなど、各メーカーは需要開拓のための様々な取り組みを進めている。それらは一定の効果も出ているが、本格焼酎市場の不振は続いており、プラスに反転するまでには至っていない。今年も巻き返しを図るため、特徴のある新商品の投入や、新たな取り組みを実施する動きも見られる。

日本酒造組合中央会が発表した2019年1~5月の本格焼酎の出荷数量は、前年比2.6%減の16万2436KLと、マイナス基調で推移している。前年の同期間が7.3%減だったことを考えると復調傾向にはあるが、引き続き、高齢化や若年層のアルコール離れ、RTDの伸長などの影響で、市場全体では低調と言わざるを得ない。

※RTD=Ready To Drink、ふたを開けてすぐ飲める低アルコール飲料

原料別ではさつまいものみ0.3%増で前年超えを維持。麦は4.7%減、米は4.4%減と低迷している。主要県別では、宮崎のみ2.4%増とプラスを維持している。芋焼酎「木挽BLUE」が好調な雲海酒造(宮崎市)の伸長分と、2期連続で前年割れとなったトップメーカー霧島酒造(都城市)の数字が戻ってきているためと推定される。

宮崎に次ぐボリュームの鹿児島は6.5%減となっている。県内の主要メーカーからも、マイナスで推移しているという声が多かった。大分も3.5%減と市場平均並みに低調な推移となっている。

各社の取り組みの中でも、業務用市場の攻め方には工夫がみられる。薩摩酒造(鹿児島県枕崎市)は関西から関東にも販売範囲を広げた業務用限定の麦焼酎「神の河Black」を「神の河」のワンランク上のグレード商品として位置づけ、提案を進めている。今年の春から業務用で展開している長期貯蔵芋焼酎「宵の灯」も好調な滑り出しだ。福岡県内料飲店限定の旨み成分をふんだんに残した無濾過芋焼酎「芋屋波平」も順調で、本格焼酎の登竜門である福岡の通の人に認められ、予想以上の実績となっているという。

高橋酒造(熊本県人吉市)は米焼酎「金しろ」(謹醸しろ)が前年並みを維持し、同じく米焼酎の「銀しろ」(吟麗しろ)がプラスで推移するなど好調であり、「地元熊本で3年前から開始した業務用での金しろハイボール(キンハイ)と銀しろハイボール(ギンハイ)のメニュー化キャンペーンが徐々に浸透してきた」とする。昨年からは福岡でもスタートしている。

雲海酒造は3月から芋焼酎「木挽BLUE」の720ml瓶をラインアップに追加した。サイズや価格帯に選択肢が増えたことで、ナイト系店舗などへの提案の幅が拡がると期待を寄せる。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/07/2019-0724-1531-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp