MLA「ラム肉 ワークショップ」開催、味覚・スパイス・中華からラム肉を学ぶ


“ラムバサダー”が「ラムキーマカレー」の作り方を披露

“ラムバサダー”が「ラムキーマカレー」の作り方を披露

ラムバサダーがラム肉のおいしさ・魅力を発信、羊肉の可能性を訴求

MLA豪州食肉家畜生産者事業団(共催:フランス料理文化センター)は22日、東京・港区の東京ガスショールーム「厨BO!SHIODOME」で「ラム肉 ワークショップ」を開いた。同ワークショップは3回シリーズとなり、今回はその第2回目。毎回、オージー・ラムのPR大使を務める食のプロフェッショナル集団「ラムバサダー」と、フランス料理文化センターの古屋伸行シェフが講師となり、味覚、スパイス、中華とそれぞれのテーマのもと、実習形式でラム肉の知識や魅力、おいしさへの理解を深めていくもの。

第2回目となる今回は、飲食店のシェフを中心としたおよそ20人(調理実習:9人、見学者10人)が参加。「ラム肉とスパイスを知る」をテーマにラムバサダーであるシャンカール・ノグチ氏(インドアメリカン貿易商会代表取締役)が講師を務め、実習ではラム肉に欠かせないスパイスやハーブを学ぶとともに、その効果的な使い方をレクチャーした。また、調理デモンストレーションでは、ラム挽き肉(モモ・肩ロース)とスパイスを使った「ラムキーマカレー」の作り方を披露した。

「MLAラム肉講座」では、三橋一法ビジネスディベロップメントマネージャーが日本の羊肉マーケット事情について説明した。それによると、日本人一人当たりの羊肉の年間消費量は約200gと、牛肉や豚肉と比べ圧倒的に少ない。しかし、近年はメディアでの露出が増え、量販店でのラム肉の取扱いも増加している。日本の羊肉のマーケットシェア(18年度)は豪州産が6割を占めており、豪州の対日輸出量の推移を見ても、未(ひつじ)年の前年となる2014年に1万tを超え、その後15~18年は8,000~9,000t前後で推移し、徐々に増加傾向にある。

今後は、▽ラグビーW杯、東京オリパラなどによるインバウンド需要の増加▽宗教を問わない食肉としての需要▽高たんぱくといった健康価値――などで羊肉の需要拡大が期待できるとした。また、「急激に増加し“羊肉ブーム”にするのではなく、おいしさや正しい知識を普及していくことで徐々に拡大させ、定着を図っていくことが重要だ」と強調した。

第3回目は9月2日の開催を予定しており、ラムバサダーの梁宝璋シェフ(味坊オーナー)を講師に迎え、「名店『味坊』のラム肉の使い方を学ぶ」をテーマに、中国東北料理の老舗、東京・神田「味坊」の調理法を学ぶ。

三橋マネージャーは今回の取組みについて、「食のプロフェッショナルとして、さまざまな分野で活躍するラムバサダーならではの取組み。それぞれが持つ武器とラム肉を掛け合わせることで実現している」とした上で、「今後も飲食店、業者への両面へのアプローチに取り組み、ラムバサダー22人のメンバーとともに、羊肉の可能性拡大を図り、日本の羊肉業界全体を盛り上げたい」と意欲を見せた。

〈畜産日報 2019年7月24日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2019/07/2019-0725-1559-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp