7月24日現在の令和元年産米「不作なし」/農水省・堺田穀物課長


米麦日報 2019年7月25日付

米麦日報 2019年7月25日付

農林水産省政策統括官付穀物課は7月24日、「最近の気象と水稲の生育ステージ」をテーマに、記者勉強会を開いた。この中で、堺田輝也穀物課長は令和元年産米の生育について、「客観的なデータからして、現状は不作を心配する状況にはない」との見通しを示した。

勉強会では、
△稲の生育ステージ
△直近60日の平均気温・日照
△直近20日間の平均気温・日照
△過去の冷害年(平成5、15年)との平均気温の比較
△平成5年産と平成30年産の品種構成の変化(耐冷性の高い稲の普及状況)
△水稲の適切な栽培管理(深水管理など)に向けた技術指導
――を解説。

現状については、「5月~6月上旬の水稲の生育はおおむね順調」、「直近20日は北海道、東北日本海側の平均気温は例年より低い」、「冷害の影響が最も出やすい減数分裂期(7月下旬ごろ)の気温を注視している」とした。その上で気象庁の1か月予報、2週間気温予報、週間天気予報から、「客観的なデータからして、現状は(平成5年産、平成15年産のような)不作を心配する状況にない。ただ、安心するわけではなく、天候の状況を注視していく」とした。

〈米麦日報 2019年7月25日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/07/2019-0725-1631-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp