阪急うめだ本店「オー!!ソース」で冷凍「oh!!こだわりお好み焼」発売、「トリプル海鮮」「ダブルチーズの豚玉」/オタフクソース


「oh!!こだわりお好み焼」調理例

「oh!!こだわりお好み焼」調理例

オタフクソースは7月24日、阪急うめだ本店とコラボしたお好み焼テイクアウト専門店「oh!!souce」(オー!!ソース)で、冷凍の「oh!!こだわりお好み焼」を発売する。

電子レンジで温めるだけの簡便調理で、いつでもどこでも食べやすい商品。ラインナップは「トリプル海鮮」(税込660円)と「ダブルチーズの豚玉」(税込630円)の2種類。阪急うめだ本店地下1階食品売場で展開する同店店頭で1日50枚の販売を目指す。また2種類が各3枚ずつ入ったセットを「阪急オンラインショッピング」で9月から毎月10日、各日300セット限定で販売する。

「トリプル海鮮」は一口目で訪れる生姜のインパクトと、生地に混ぜ込んだタコの旨味により、お好み焼の粉っぽさを解消した。工場の規格では収まらないサイズ感の具材を1個ずつ手作業で乗せて製造するため、ゴロッとしたエビとイカの食感を楽しむことができる。

「ダブルチーズの豚玉」は、チェダーチーズとゴーダチーズを半々に分けて乗せ、生地で挟んだ。味の変化を楽しめる2種類のチーズと、トッピングされた分厚い豚肉が相まって、食べ応えのある仕上がりとなっている。

両商品は、いずれも「オタフクお好みソース」50g付き。

「oh!!souce」では、「トリプル海鮮」には「焼あご&焼しいたけ」、「ダブルチーズの豚玉」には「赤ワイン&トリュフ」と、「oh!!こだわりお好みソース」とのマッチングも提案する。

なお、片手で食べられるハンバーガー感覚のお好み焼「お好みソース饅頭」は、7月1日から新商品「いか&イカ天」(税込300円)と「カップたこ焼」(税込270円)を発売している。

「お好みソース饅頭」は昨年12月の同店オープンから今年6月までの間に14万5,000個を売り上げ、同社売上目標比120%超を達成した。購入者層は阪急うめだ本店の客層と一致する40~50代の女性が中心だという。

〈冷食日報 2019年7月24日付〉

手前=「oh!!こだわりお好み焼」2品(トリプル海鮮・ダブルチーズの豚玉)、中央奥=「お好みソース饅頭」

手前=「oh!!こだわりお好み焼」2品(トリプル海鮮・ダブルチーズの豚玉)、中央奥=「お好みソース饅頭」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2019/07/2019-0724-1214-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp