原宿に「クレイジーピノスタジオ」、アイス「ピノ」の奇想天外な組み合わせ・味わいを体験/森永乳業


巨大スロットでピノと食材の組み合わせをランダムに決定

巨大スロットでピノと食材の組み合わせをランダムに決定

森永乳業が、ロングセラーアイス「ピノ」で、喫食頻度が減っている10代後半から20代前半の取り込み策として、想像しえない食材との組み合わせ体験イベント「CRAZYpino STUDIO」(クレイジーピノスタジオ)に挑戦している。期間は7月20日~8月7日、場所は東京・原宿のCASE B。

「ピノは今年で発売44年目のロングセラー商品だが、10代後半から20代前半の喫食頻度が減っており、将来のユーザーを育成することが課題。この世代の行動特性『楽しいことは自分で作る、アレンジする』を反映したものを今回の企画に盛り込んだ」(蓮沼裕二営業本部マーケティングコミュニケーション部リーダー)。

「クレイジーピノスタジオ」内観と「クレイジーピノ」(イメージ)/森永乳業

「クレイジーピノスタジオ」内観と「クレイジーピノ」(イメージ)/森永乳業

「ピノ」は、チョコとバニラアイスの絶妙バランスとなめらかな口どけ、一口タイプの食べやすさ、子供や家族、友人で分け合える商品特性が支持される一方、ロングセラーブランドに陥りやすい、ユーザー年齢の上昇による若者ユーザーの減少が課題となっている。2015年から東京・原宿を中心に自分でチョコをコーティングする「ピノフォンデュカフェ」を3年、2018年はアートと融合させた「ピノファンタジア」を実施しており、今回はこれに続く新しい体験イベントとなる。
 
体験は、あんこやタピオカなど60種の食材の中から、ピノとの組み合わせをランダムに決定する巨大スロットで、1回につき3通りの組み合わせが味わえる内容(1回300円)。食材は自社のスライスチーズや乳飲料、ヨーグルト、森永製菓の菓子などで、想像を超える組み合わせとこれに対するメッセージ(「チーズ地獄ピノ」など)が“クレイジー”ポイントとなる。
 
このほかユーチューバーやティックトッカーなどの動画クリエイターを対象とした「ピノ」一色の無料・公開収録スタジオ(予約制)も設置し、スロット参加者は自由に観覧できる。
 
若い世代の目線に立った体験型イベントで、「ピノ」との距離を縮められるか、そしてユーザーを取り込むことができるか注目だ。

動画クリエイター向け撮影スタジオ(イメージ)/森永乳業

動画クリエイター向け撮影スタジオ(イメージ)/森永乳業

「CRAZYpino STUDIO」(クレイジーピノスタジオ)概要〉
◆期間=7月20日(土) ~8月4日(日)
◆営業時間=11:00~20:00 L.O.19:30
◆場所=「CASE B」(東京都渋谷区神宮前6丁目16-26)
◆席数=22席(着席)
◆特設サイトhttps://cp.pinoice.com/crazy-pino/index.html?studio

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2019/07/2019-0719-1630-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp