KFC 軽減税率導入後も店内とテイクアウトの支払いを同額に/日本ケンタッキー・フライド・チキン


KFC オリジナルチキン

KFC オリジナルチキン

オリジナルチキン単品の税込価格は増税後も据え置きを予定

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキンは7月19日、今年10月から予定されている消費税率10%への引き上げと軽減税率制度導入後も、店内飲食とテイクアウトの税込価格を統一すると発表した。店内の表示は全て、従来どおり税込価格を使用する。また、オリジナルチキン単品の税込価格は増税後も現行の250円に据え置く予定。一部のセット・パック・サイドメニューは価格を調整する。

オリジナルチキン単品価格〉
◆現行
税込250円=本体価格231円+消費税8%

◆2019年10月以降 店内飲食
税込250円
=本体価格227円+消費税10%

◆2019年10月以降 テイクアウト
税込250円
=本体価格231円+消費税8%

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/07/2019-0720-0639-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp