2019年3月末現在農産物検査機関数は1,734機関、検査員1万9,082人、ともに過去最高を更新


登録農産物検査機関数・検査員数の推移

農林水産省は7月17日、2018(平成30)年度末(今年3月末)現在の農産物検査機関の登録状況を公表した。それによると、2018年度は新規(増)52、廃止(減)41で、今年3月末現在の登録農産物検査機関数は1,734機関となった。登録農産物検査員数は前年同期から419人増えて1万9,082人。機関数・検査員数ともに過去最高を更新し続けている。

今年3月末現在の系統別検査機関シェアは、JA系27.5%(前年同期29.0%)、全集連系2.0%(前年同率)、卸・小売35.8%(前年同期35.2%)、第三者機関2.0%(前年同率)、その他32.7%(同31.8%)で、「卸・小売」と「その他」が増加した(JA系の減少は合併に伴うものとみられる)。

〈米麦日報 2019年7月19日付〉

2019年3月末現在の登録農産物検査機関数

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/07/2019-0719-1048-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp