〈2019年上半期POSデータ ベーコン売れ筋ベスト3〉「新鮮使い切りハーフベーコン」が1位をキープ、「朝のフレッシュ」シリーズも好調


畜産日報 2019年7月17日付

畜産日報 2019年7月17日付

流通システム開発センターとKSP-POSデータの各月のベーコン売れ筋商品ランキングを基に2019年上半期(1~6月)の販売額の推移をまとめた。

それによると、6カ月間のベスト3は、
▽1位:新鮮使い切りハーフベーコン37g×3(プリマハム)
▽2位:朝のフレッシュハーフベーコン34g×3(伊藤ハム)
▽3位:原形ベーコンブロック220g(米久)
――となり、上半期を通してベスト3の順位変動は見られなかった。結果、「新鮮使い切りハーフベーコン37g×3」が1位にランクインし続けている。

また、「朝のフレッシュハーフベーコン34g×4」(伊藤ハム)は6カ月間、4位をキープし続けおり、朝のフレッシュベーコンは3連、4連ともに好調ぶりが伺える。

その他、5位には▽いつも新鮮ハーフベーコン33g×3、同×4(丸大食品)▽Vパックベーコン136g(CGCジャパン)▽角切りベーコン250g(フードリエ)――などがランクインした。

なお、1~6月のベーコンの累計販売総額は16億8,663万円となり、前年同期比で1.5%増加している。

6月POSベーコンはベスト10のラインアップ変わらず、7位まで変動なし

流通システム開発センターとKSP-POSデータの6月ベーコン売れ筋商品ランキング(全国のスーパー・生協等1,045店舗の集計)によると、50位以下を含む総販売金額は2億8,853万円、個数は116万844個だった。1店平均27万6,101円(前月比3,126円減)、1,111個(同11個減)。平均単価は、248.5円(前月248.8円)となった。

ベスト3は、
〈1〉新鮮使い切りハーフベーコン37g×3
〈2〉朝のフレッシュハーフベーコン34g×3
〈3〉原形ベーコンブロック220g
――となった。

7位までは前月から変わらず、8位に前月9位の彩りキッチンハーフベーコン35g×4が上昇したのみで、ベスト10にランクインした商品についても変動はなかった。

〈畜産日報 2019年7月17日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2019/07/2019-0717-1033-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp