モスバーガー 2年ぶりバンズ刷新で長時間ふっくら、軽減税率によるテイクアウト需要増加に対応


リニューアル対象に含まれる基幹商品「モスバーガー」

リニューアル対象に含まれる基幹商品「モスバーガー」

モスバーガーを展開するモスフードサービスは7月18日から、時間が経過してもおいしさが保てるバンズ(パン)にリニューアルする。対象商品は期間限定品を含め、バンズを使用する全ての商品(「低アレルゲンバーガー」など一部を除く)で約40品。ハンバーガー商品のバンズのリニューアルは約2年ぶり。

今回のリニューアルでは、パン生地の保水性を高めることで、よりふっくらとやわらかな食感に仕上げ、テイクアウトの際にパサつかず長い時間おいしさを保てるようになった。現行のバンズから重量を平均約3%増量し、食べ応えも高めている。

なお、今回のリニューアルは、10月の消費税増税に伴う軽減税率の導入で、テイクアウト需要が増加するとの見込みから実施する。価格の変更は行わない。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/07/2019-0716-1808-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp