アサヒビール「樽ハイ倶楽部」が販売好調、新販促「樽ハイスクイーザージョッキ」年内2,000店の展開目標


「樽ハイスクイーザージョッキ」

「樽ハイスクイーザージョッキ」

アサヒビールは7月から、発売35周年を迎えた業務用樽詰サワーのロングセラーブランド「樽ハイ倶楽部」の販売好調を受け、新たな販促施策として「樽ハイスクイーザージョッキ」を展開する。年内の採用目標店数が2,000店。

「樽ハイスクイーザージョッキ」は、オリジナルスクイーザーと専用ジョッキが一体になった販促品。オリジナルスクイーザーで果実を搾ると、搾りたての果汁がそのままジョッキに注がれる。来店者自身が果汁を搾るので果汁量を調節でき、自分好みのサワーに仕上げる体験が楽しめる。また、飲食店の従業員がサワーを提供する際に果実を搾る作業が省略できるため、提供スピードの向上や作業の効率化への貢献も期待できる。

専用ジョッキには、“樽ハイ”と大きく記載した新たなブランドロゴを正面に配し、「樽ハイ倶楽部」のブランド認知向上を図る。

嗜好の多様化やコストパフォーマンスを重視する消費者ニーズの拡大により、RTD市場は2008年以降伸長を続け、2018年は前年比113.8%(同社調べ)となった。また、飲食店で食事と一緒にサワーを楽しみたいというニーズや、果実をそのまま搾って果汁のみずみずしさと一緒にサワーを楽しみたいというニーズの高まりを受け、業務用樽詰サワー市場も伸長を続けている。

※RTD=Ready To Drink、チューハイ・サワー等の“ふたを開けてすぐ飲める”低アルコール飲料

「樽ハイ倶楽部」は、1984年に発売され、業務用樽詰サワーとして国内で最も長い歴史を持つ。拡大を続ける業務用樽詰サワー市場においてシェア約6割を占め、売上容量No.1のブランド。2018年の販売実績は前年比108%となり、今年1~6月の実績も前年比111%と好調に推移している。

〈酒類飲料日報 2019年7月16日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/07/2019-0716-1109-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp