TABASCO Brand史上最も辛い新フレーバー、「TABASCO スコーピオンソース」日本上陸


「TABASCO スコーピオンソース」

「TABASCO スコーピオンソース」

辛さはオリジナル「TABASCO ソース」の10倍

TABASCO Brand史上最も辛い新フレーバー、「TABASCO スコーピオンソース」がこのほど日本市場に上陸した。

「TABASCO Brand」(タバスコ ブランド)は1868年、アメリカ・ルイジアナ州のエイブリーアイランドで生まれた、赤いホットソースのブランド。

今回、日本で販売開始した「TABASCO スコーピオンソース」は、サソリの針の形に由来するスコーピオンペパー、グァバやパイナップルなどのフルーツ、オリジナルの「TABASCO ソース」少量を組み合わせ、刺激的な辛さとフルーティーな甘さの絶妙なバランスを実現した。

メニュー例「チョコパウンドケーキとスコーピオンの泡 フレッシュフルーツ添え × TABASCO スコーピオンソース」

メニュー例「チョコパウンドケーキとスコーピオンの泡 フレッシュフルーツ添え × TABASCO スコーピオンソース」

「TABASCO スコーピオンソース」はTABASCO Brandが提供する製品の中で最も辛いペパーソースにあたり、カプサイシンの割合を示す唐辛子の辛さの単位である「スコヴィール辛味単位(Scoville heat units、SHU)」測定値では23,000~33,000SHU。オリジナルの「TABASCO ソース」の約10倍の辛さを誇るという。

TABASCO Brandの既存製品(オリジナル、ハラペーニョ、ガーリック、チポートレイ、ハバネロ)

TABASCO Brandの既存製品(オリジナル、ハラペーニョ、ガーリック、チポートレイ、ハバネロ)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/seasoning/2019/07/2019-0712-1714-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp