7月11日「セブン-イレブンの日」に全国47都道府県への出店を達成、沖縄に14店舗一斉オープン/セブン-イレブン・ジャパン/セブン-イレブン・ジャパン


セブン-イレブンが全国47都道府県に出店(画像はイメージ)

沖縄県に14店舗を同時出店

セブン-イレブン・ジャパンは7月11日「セブン-イレブンの日」の午前7時、全国で最後の未出店エリアだった沖縄県にセブン-イレブン店舗をオープン、全国47都道府県への出店を達成した。

これまでセブン-イレブンは、直近では2015年10月に鳥取県へ進出し、沖縄を除く46都道府県に出店していた。沖縄県は近年の移住ブームや出生率向上等により人口増加率も高く、コンビニエンスストアのマーケットとして有力なエリアであることなどから、今回、那覇市を中心に14店舗を同時出店した。

セブン-イレブン・ジャパンによると、今回の沖縄での展開は店舗を出すだけでなく、地理的優位性に注目し、経済特区を活用した“セブンプレミアムのグローバル展開”を視野に、アジア各国のセブン-イレブン店舗への海外ライセンシーサポートのために、沖縄を“ハブ(輸送拠点)”として、セブン&アイグループのPB(プライベートブランド)「セブンプレミアム」を展開していく考え。

なお、2019年6月末現在のセブン-イレブン店舗数は全国で計2万973店。

2019年7月11日オープンの沖縄県内セブン-イレブン店舗一覧

・糸満兼城サンプラザ糸満店(糸満市兼城400)
・糸満座波店(糸満市字座波1071-1)
・糸満真栄里東店(糸満市字糸満1582)
・国際通OTSビル店(那覇市松尾1丁目2番3号)
・国際通松尾1丁目店(那覇市松尾1丁目4-5)
・東風平JAおきなわ店(島尻郡八重瀬町東風平388)
・新天地浮島店(那覇市松尾2丁目20-5)
・北谷北前1丁目店(中頭郡北谷町北前1丁目20番1)
・豊見城金良店(豊見城市字金良108-1)
・豊見城中央店(豊見城市字豊見城458-1)
・那覇小禄1丁目店(那覇市小禄1丁目19-20)
・那覇金城2丁目店(那覇市金城2丁目2番1)
・那覇新都心公園前店(那覇市おもろまち4丁目17-1)
・那覇松山1丁目店(那覇市松山1丁目3番9号)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2019/07/2019-0711-1052-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp