森永乳業が講談社「はたらく細菌」とコラボ漫画を作成・無料配布、「ビフィズス菌BB536」が爽やかイケメンに


リーフレット表紙イメージ(左端=「イサム(536)君」)

リーフレット表紙イメージ(左端=「イサム(536)君」)

森永乳業は、講談社が発行する人気漫画「はたらく細菌」とコラボレーションし、オリジナル漫画を作成、リーフレット「はたらくビフィズス菌BB536」として、全国の量販店などの店頭で7月8日週から無料配布する。

「はたらく細菌」は少女漫画誌「なかよし」に連載中。細菌を擬人化し主人公にし、人間の腸内などを舞台に、善玉菌や悪玉菌たちの奮闘を描き、腸内細菌のはたらきが楽しく学べる。シリーズ累計350万部(電子版を含む)を突破した「はたらく細胞」(清水茜)のスピンオフ作品であり、腸内細菌や発酵食品などに関わる人たちからも注目されている。

今回のコラボでは、森永「ビフィズス菌BB536」が爽やかイケメン「イサム(536)君」として登場し活躍するストーリーで、菌の研究を手がけていた森永乳業の社員が、「この漫画を読んでBB536菌を身近に感じてほしい」という想いを込めてストーリー原案を作成した。「この1冊で、腸内細菌とBB536菌のことが理解できる内容に仕上がっている」(森永乳業)。

なお、「ビフィズス菌BB536」を配合した森永のヨーグルトの代表商品は「ビヒダスプレーンヨーグルト」(400g入り)。脂肪0タイプや小容量タイプ、ドリンクタイプ、4ポットタイプなども展開している。

2019年は「BB536菌」発見50周年に当たり、今春は「大腸にはビフィズス菌」を訴求するべく、パッケージ上に「大腸まで届くビフィズス菌入り」の文言を入れリニューアル、「(大腸という)直接的な言葉を入れることで購買動機の喚起、ビヒダスを選ぶ理由へつなげていく」(森永乳業・ヨーグルト担当者)考えで、ブランド投資に意欲的に動いている。

「ビフィズス菌BB536」を配合した森永乳業の商品例

「ビフィズス菌BB536」を配合した森永乳業の商品例

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2019/07/2019-0706-1036-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp