「ヤオコー川越今福店」オープン、新店舗初のネットスーパー導入、店内で料理講座も


「ヤオコー川越今福店」、米飯類を豊富にそろえた総菜売場

「ヤオコー川越今福店」、米飯類を豊富にそろえた総菜売場

ヤオコーは去る6月18日、新店舗「ヤオコー川越今福店」(埼玉県川越市)を開店した。埼玉県内では87店舗目。同社では2店舗目となる来店者参加型の料理講座を8月上旬から実施するほか、8月下旬にはネットスーパーを開業する予定だ。新店への導入は初めて。ストアコンセプトは「お客さまの食卓を豊かにする為に【美味しい】に拘(こだわ)るお店」だ。

初年度は店舗売上17億円を目指す。同店から3km圏内の商圏人口は15万8,500人、7万2,300世帯に上る。周辺には田園が多く、世帯の密集度は低い。しかし、川越の中心街と所沢方面を結ぶ県道6号線もあり、自動車の往来は非常に多い。周辺には40代と60代が多く住み、5km 圏内で人口は増加傾向にある。1km圏内では10代や3~4人世帯が多く、持ち家の一戸建て比率は高くなっている。

同店で8月上旬から開始する料理講座では、旬や催事などのテーマに沿い、商品知識や簡単な調理方法、盛り付けなどを学べる。開催場所は店内のカフェ。月に2回程度を予定する。

ネットスーパーは、最短で4時間以内に商品を自宅に送ることができる。導入店は5店舗目だが、新店舗での導入は初めて。目標の日販は30万円。

冷凍食品は米飯やおかず類に力を入れているほか、餃子や唐揚げで大容量商品も陳列。冷凍野菜も米飯などと同程度のスペースを設けて訴求している。

惣菜は米飯類を豊富にそろえて、値ごろ感のある丼ものを広く並べるなどして訴求する。インストアベーカリーではライブ感のある売り場づくりを行い、出来立て・焼き立ての商品を提供する。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2019/07/2019-0705-1618-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp