相田みつをがAIになって登場、 ネスレ原宿「アイスクレマコーヒーで、ちょっと一息! AIだみつをカフェ」


“前向きになれる言葉”を浮かべた「アイスクレマコーヒー」

“前向きになれる言葉”を浮かべた「アイスクレマコーヒー」

ネスレ日本は7月4日から21日まで、「にんげんだもの」の言葉で有名な相田みつを氏の詩をAI(人工知能)で学習したキャラクター「AIだみつを」が、気持ちを前向きにしてくれるオリジナルの言葉を届けるサービスを提供する「アイスクレマコーヒーで、ちょっと一息! AIだみつをカフェ」をオープンしている。

店内には、同社が5月から特設サイト上で展開するデジタルサービス「アイスクレマコーヒーで、ちょっと一息! 声でココロ診断」のキャラクター「AIだみつを」の像を設置。ストレスを抱えた人が、「AIだみつを」が持つツボに向け、言いたくても言えないことや溜め込んだ愚痴を話すことで、「AIだみつを」が作成する、「咲くのは自分の意思だ」「あなたのいろがいい」などの“前向きになれる言葉”をモニター画面上で受け取ることができる。また、「アイスクレマコーヒー」(きめ細かい“クレマ=泡”がのったアイスコーヒー)に、その言葉が書かれたラテアートシートを浮かべたものを楽しめる。提供する「アイスクレマコーヒー」には、「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」を使用する。

オープンに先立ち開催した発表会で、ネスレ日本飲料事業本部液体飲料&ホワイトカップビジネス部の永田真一部長は、「“人々を前向きな気持ちにして、次の良いスタートのきっかけにしたい”というネスカフェのブランドコンセプトが、相田みつお氏の詩のイメージと合致したことから、今回の提携が実現した」などと説明。

ゲストとして「AIだみつを」のサービスを体験した相田みつを美術館の相田一人館長(相田みつを氏の長男)は、「父がなくなり28年、こんな形で再会できるとは驚いた」と笑みを見せた。

左=相田みつを美術館・相田一人館長、右=ネスレ日本・永田真一部長、後ろに「AIだみつを」像

左=相田みつを美術館・相田一人館長、右=ネスレ日本・永田真一部長、後ろに「AIだみつを」像

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2019/07/2019-0705-1939-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp