銀座に「サッポロ生ビール黒ラベルTHE BAR」通年オープン、「完璧な生」にこだわったビヤバー


「サッポロ生ビール黒ラベルTHE BAR」

「サッポロ生ビール黒ラベルTHE BAR」

注ぎ方が異なる“3つの黒ラベル”を提供

サッポロビールは7月5日、「完璧な生」の提供品質に徹底的にこだわったビヤバー「サッポロ生ビール黒ラベルTHE BAR(ザ バー)」を銀座にオープンした。

120年前に同社がビヤホール文化をスタートさせた銀座で「黒ラベル」を提供する、初の通年型アンテナショップ。「最もビールがおいしい瞬間はその日の1杯目。」というコンセプトのもと、その日の1杯目を「完璧な生」でスタートしてもらう。

注ぎ方が異なる3つの黒ラベル(パーフェクト黒ラベル、ファースト、ハイブリッド)を体験できる。出店は、GINZA PLACEの地下1階で、東京メトロ銀座駅からGINZA PLACEを通り、商業施設の銀座コアへ繋がる共用部分。

3つの「黒ラベル」は、
〈1〉パーフェクト黒ラベル=既定の3C(クリーミー、クリア、コールド)を実現し、パーフェクト黒ラベルカランで注がれる「完璧な生」を目指す黒ラベル
〈2〉ファースト=日本のビールの原点ともいうべき、のどを駆け抜ける爽快感を味わうために、スウィングカランを復活させ、一度注ぎを実現した黒ラベル。昭和時代のスウィング型コックを2口カランと併用し、銀座の歴史感・現在の進化を表現
〈3〉ハイブリッド=柔らかいのどごしを味わうために、パーフェクト黒ラベルカランから液体を注ぎ、スウィングカランから泡付けを行った黒ラベル――。

また、870人限定で「マイグラス(420ml)」を用意。1年間マイグラスを2個店舗内に保管できる。「銀座にマイグラスが置いてあるというステータスを感じてほしい」(サッポロビール)という。

オープン月の7月は100人限定。オープン後は毎月1日から70人限定で店舗で先着販売する。年間保管料は500円、グラスは持帰りは不可。

フードは、大人のBARフードを意識した5~6種類のメニューを用意する。初回のメインメニューは銀座名店「梅林」が監修したサンドイッチなど。

営業時間は、月~土は11時30分~22時、日・祝は11時30分~21時。支払いは電子マネーかクレジットのみのオールキャッシュレス制。なお、30人しか入れないため「できれば1人2杯までに抑えてほしい」(サッポロビール)としている。

なお、「黒ラベル」は2015年から4年連続で前年比プラスで推移しており、2019年1~6月の「黒ラベル」缶販売数量は前年比105%となっている。「新規顧客の半分が20~30代。ブランドやロゴマークがカッコいいと認識して頂いている」(サッポロビール)。

870人限定でマイグラスを用意

870人限定でマイグラスを用意

「サッポロ生ビール黒ラベルTHE BAR」概要

▽営業時間=月~土11:30~22:00(L.O.21:30)、日・祝11:30~21:00(L.O.20:30)
▽休業日=年末年始・2月第3火曜日
▽所在地=東京都中央区銀座5丁目8-1 GINZA PLACE地下1階(※隣接する東京メトロ銀座駅からGINZA PLACEを通り、商業施設の銀座コアへ繋がる共用部分)
▽座席数=スタンディングカウンター25席、スタンディングテーブル5席
▽メニュー=サッポロ生ビール黒ラベル 税込500円/杯、フード 税込300円~600円

〈酒類飲料日報 2019年7月5日付〉

「サッポロ生ビール黒ラベルTHE BAR」店内イメージ

「サッポロ生ビール黒ラベルTHE BAR」店内イメージ

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/07/2019-0705-1736-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp