幸福米穀の新精米工場が大阪・枚方に竣工、能力3倍増の月間最大6,000tに


幸福米穀 新精米工場

幸福米穀 新精米工場

幸福米穀(株)(大阪府枚方市、北本武社長)は6月21日、新精米工場の披露会見と精米システムの実演会を開催した。寝屋川市の旧工場から3月に移転した新工場では精米3ライン(うち2ラインは無洗米加工プラントと接続)を新設、FA制御による24時間稼働を実現し、生産能力は旧工場の3倍、月間最大6,000tとなった。精米工場のほか、現在建設中(6月中に稼働予定)の、玄米2,000t収容の低温倉庫、来年2月には玄米を原料とするパンの製造工場の竣工を予定している。

新工場には東洋ライス(株)製プラントを採用、「玄米を最適の度合いで搗精する『搗精度計』を内蔵した精米プラントにより、玄米の品種や品質に応じて自動的に『最適搗精度』に仕上げることができる」。これにより「それぞれ米のおいしさを最大限に引き出し、栄養も残る。吸水もよくなり炊き増えする」(北本社長)としている。オペレーター不要で、ロット切替え時間も1.0~2.5分と短縮され、生産効率が向上している。また、マルチ選別機と色選を導入、不良品とともに除かれた良品を戻さない「リターンレス機能」で異物や不良品の混入を最大限に防ぐ。設備を納入した東洋ライス(株)の雜賀慶二社長は「工場の状況も多品種少量生産に変わってきている。新型精米機(ICM-60B)はAI機能を備え、ロットごとの精白度の調節やロットごとの切替えが不要、1粒あたりのムラ剥離がなく、必要以上の搗きこみが不要となった。ワンランク上の良食味となり、高歩留りが得られる」と語った。

北本社長は新工場の最大の特徴として以下の4点を挙げた。
〈1〉搗精度計を搭載した精米機により、精米を自動制御、米がもっとおいしくなる。仕上げ工程では研削の段階がなく、摩擦のみで米への負担が少ない。
〈2〉マルチ選別機と色選という最高性能の選別機の採用により、徹底した異物除去が可能。
〈3〉FA制御による24時間稼働で、夜間に無人で精米が可能。
〈4〉工場の目前に大阪と京都を結ぶ大動脈である高速道路(第2京阪)が通っており、インターチェンジからは1分という立地。地盤も強く、災害に強い工場づくりが可能。

今後の展開について「昨年50周年を迎え、これからの50年は大きく時代が変わっていく。現在、お米を使ったグラノーラ、玄米を使った食パンを製造販売するベーカリー事業、お米エキスを使った化粧品やサプリメントを展開している。美と健康をテーマにお米の可能性を最大限に引き出していく」と語った。

【工場概要】
▽所在地=大阪府枚方市茄子作南町1312
▽敷地面積=工場2,000坪、建屋1,200坪
▽投資額=約30億円(土地・総工費)

〈米麦日報 2019年6月25日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/06/2019-0625-1058-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp