山形県沖地震で鶴岡市を中心に清酒メーカーの被害発生


酒類飲料日報 2019年6月20日付

酒類飲料日報 2019年6月20日付

山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が6月18日夜に発生し、新潟県村上市で震度6強を記録したほか、山形県鶴岡市でも震度6弱を記録した。

新潟県酒造組合によると、県内の蔵元1社で土壁の剥れなどの被害が発生したが、そのほかには特に大きな被害は発生していないとのこと。

山形県酒造組合によれば、酒田酒造(上喜元)の瓶詰場で200本ほど製品が倒れたほか、鶴岡市大山地区の渡会本店(出羽ノ雪)、加藤嘉八郎酒造(大山)、冨士酒造(栄光冨士)、羽根田酒造(羽前白梅)、奥羽自慢(奥羽自慢)の5社で建物や製品の損壊が発生したとのことだが、いずれも営業継続には支障はないという。

〈酒類飲料日報 2019年6月20日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/06/2019-0620-1445-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp