天丼てんや「豚角煮天丼」復活、夏の定番「大江戸天丼」も 「てんやのガッツリ晩ごはん」第3弾は「豚角煮小天丼とそば(またはうどん)セット」


天丼てんや「豚角煮天丼」

天丼てんや「豚角煮天丼」

天丼てんやは6月13日から8月7日まで、肉天丼シリーズの「豚角煮天丼」と季節限定メニューの「大江戸天丼」、また、午後5時以降の限定メニュー「てんやのガッツリ晩ごはん」の第3弾として「豚角煮小天丼とそば (またはうどん)セット」を提供している。

「豚角煮天丼」(790円、以下全て税込み)は1年ぶり3回目の登場。ジューシーで柔らかい豚の角煮を天ぷらにし、天丼として仕上げた、てんやならではの一品。甘辛味がよくしみ込んだ角煮は、からしと刻み長ねぎがアクセントとなり、ご飯がすすむ。さっぱりと食べやすい「ハーフ玉子の天ぷら」や、天ぷらでは珍しい「ほうれん草のかき揚げ」も一緒に楽しめる。

「大江戸天丼」(820円)は、てんやの夏の定番として例年人気のメニューで、あふれるほどの大きさの「穴子」と「大いか」に加え、「海老」と「おくら」が丼に彩りを添える。 豪快にたれにくぐらせた、揚げたての天ぷらが楽しめる。

「大江戸天丼(半熟玉子付き)」

「大江戸天丼(半熟玉子付き)」

また、好評の「てんやのガッツリ晩ごはん」の第3弾「豚角煮小天丼 とそば(またはうどん)セット」(890円)は、そば/うどんを大盛りサイズ(1.5倍量)で注文しても値段据え置き。りんご果汁入りで飲みやすい、黒酢ドリンク付きのセット(950円)も用意した。
 
なお、現在販売中の「海老大江戸天丼と小ラーメンセット」は販売を終了し、ご飯お替り自由の「天ぷら盛りだくさん定食」は継続販売する。

「てんやのガッツリ晩ごはん」第3弾「豚角煮小天丼とそば(またはうどん)セット」

「てんやのガッツリ晩ごはん」第3弾「豚角煮小天丼とそば(またはうどん)セット」

〈大豆油糧日報 2019年6月13日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/06/2019-0613-1412-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp