〈2019年5月 冷食POS売上〉8カ月連続でマイナス 米飯は2カ月連続でプラス 冷凍麺は3カ月ぶりの減少/KSP-POS


2019年5月の冷凍食品POSデータ集計結果(KSP-POS調べ)

2019年5月の冷凍食品POSデータ(KSP-POS 調べ、継続店調査分)によると、5月単月の冷凍食品の販売額は、前年同月比1.8%減で8カ月連続のマイナスとなった。調理冷食の販売不振が要因の一つと見られる。一方で平均価格は同0.6%増の205.8円で、4月の値上げの影響からか、「冷凍ピザ・グラタン」を除くすべてのカテゴリーで高くなっている。

調査対象は全国のスーパー・生協約150チェーン974店舗。

5月単月をカテゴリー別に見ると、最も伸長したのは「冷凍米飯」で同5.9%増となり2カ月連続で伸長した。次いで「冷凍農産」のは同0.7%増となった。この2カテゴリーは販売個数などその他の項目でも伸長している。反対に「調理冷凍」をはじめ「冷凍ピザ・グラタン」や「冷凍麺」は前年同月を下回った。冷凍麺は3カ月ぶりにマイナスに転じた。

1~5月の累計データでは、前年同期比4%減となった。販売個数や1店舗当たりの販売金額なども同程度の減少幅となった。平均価格については0.1%減でほぼ横ばい。金額の最も多い「調理冷食」で同3.4%減少したほか「冷凍麺」は同2.5%減、「冷凍米飯」は同3.2%減となった。販売個数も全カテゴリーで前年を下回った。

〈冷食日報 2019年6月10日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2019/06/2019-0610-1743-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp