日本アクセス2019年3月期連結決算、コンビニ店舗減あり減収も増益


日本アクセス2019年3月期連結決算

日本アクセス2019年3月期連結決算

フローズン売上高は0.6%増の4,466億円、市販冷食は前年並の1,159億円

日本アクセスが5月31日、発表した19年3月期連結業績は、売上高前年比0.3% 減2兆1,319億9,300万円、営業利益0.3%増191億5,900万円、経常利益1.7%増196億1,200万円、当期純利益が9.9%増122億9,300万円と若干の減収も増益となった。

同日開催の決算記者会見で、佐々木淳一社長は「CVS(コンビニエンスストア)の統合が一巡し、店舗数が減少した影響もあって減収となった。売上総利益が増益(2.7%増1,329億円)となり、物流費、販管費が増加したが、商流の収益改善と物流の業務効率化で経費コントロールができ、また生鮮・ロジスティクス関連子会社の収益が改善し、増益となった」など説明した。

佐々木淳一社長

佐々木淳一社長

業態別売上高では、ドラッグストア(DgS)が6.6%増1,221億円と伸長したが、CVSが前述の店舗減などで3.4%減6,171億円と減少。カテゴリー別では、ドライが0.1%減7,973億円、チルドが0.7%減6,770億円、フローズンが0.6%増4,466億円とフローズンが伸長。フローズンのうち市販用冷凍食品は前年比100.0%1,159億円と横ばい、アイスクリームは市場が2.8%増のところ、3.4%増1,236億円と伸長した。「DgS、大手SM(食品スーパー)でパーソナルアイスを中心に伸びた」(佐々木社長、以下同)という。

日本アクセス2019年3月期連結商品群別・業態別売上高

ドライでは乾物乾麺・他加工食品が4.0%増1,349億円と伸長。「乾物乾麺市場が前年並のところ8.9%増329億円と伸長しけん引した。得意先への売場提案、啓蒙活動が奏功した。今年5月にAK研(アクセス乾物乾麺市場開発研究会)を立ち上げ、これを母体にさらに拡大したい」という。
 
ほか、清涼飲料・嗜好飲料が0.2%増1,707億円、調味料0.2%増768億円、菓子5.3%減902億円、原料0.2%増198億円、酒類1.6%減466億円だった。
 
チルドでは和日配が2.1%増1,639億円と伸長。「市場は横ばいだが、ファミリーマートの“お母さん食堂”、サラダチキン、DgS向け畜肉加工品がけん引した」という。洋日配・乳製品は1.4%減4,067億円だった。
 
また、業務用商品・生鮮商品でくくると0.7%減5,668億円だった。
 
売上高2兆1,320億円と、全国通過額2兆5,596億円を合計した総事業規模は、前年比0.8%減4兆6,900億円と減少。「特に通過額のマイナスが大きかった」という
 
これに伴い、稼働契約車両台数は約9,400台/日と前年までの約1万台/日から減少。「営業拠点を7拠点減85拠点、物流拠点を21拠点減529拠点と、売上・通過額が下がる中、拠点を整理統合した。配送コースの見直し、物流合理化で生産性向上に繋げたい」とした。
 
今期の20年3月期は、売上高3.2%増2兆2,000億円、売上総利益3.4%増1,374億円、経常利益3.5%増203億円を計画する。
 
〈冷食日報 2019年6月3日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2019/06/2019-0603-1630-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp