2019年3月の九州本格焼酎出荷は前年比8%減で7カ月連続マイナス、佐賀のみ前年超えを維持


九州本格焼酎 製成数量・出荷数量の推移

九州本格焼酎 製成数量・出荷数量の推移

九州本格焼酎協議会がまとめた3月の九州7県における本格焼酎出荷数量(課税移出数量)は、合計で前年比92.0%の3万1,559klとなり、7カ月連続のマイナスとなった。

最大ボリュームの宮崎が95.4%とマイナスに転じ、鹿児島は88.2%と2ケタ減、大分も92.3%と落ち込んだことが影響した。佐賀は127.8%と唯一プラスだった。

1~3月では全体で、94.6%で推移。福岡が99.7%と水面下となり、佐賀(125.7%)のみ前年超えを維持している。

〈酒類飲料日報 2019年5月21日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/05/2019-0521-1348-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp