ブロンコビリー「炭焼き 超厚切り 熟成サーロインステーキ」、19年ぶり輸入解禁後初のウルグアイ産牛肉を使用


ブロンコビリー「炭焼き 超厚切り 熟成サーロインステーキ」

ブロンコビリー「炭焼き 超厚切り 熟成サーロインステーキ」

家庭では出来ない付加価値でウルグアイ産牛肉を訴求/竹市代表取締役社長

(株)ブロンコビリーが運営するステーキ&ハンバーグレストラン「ブロンコビリー」は5月27日から、全国136店舗でウルグアイ産牛肉を使った「炭焼き 超厚切り 熟成サーロインステーキ」の提供を開始する。ウルグアイ産牛肉は昨年、19年ぶりに日本への輸入が解禁となった。今回、ブロンコビリーでは日本のレストランチェーンとして初めてウルグアイ産牛肉を導入する。販売開始に先駆けて20日には、東京都内で新メニュー発表会・試食会が開かれ、同社の竹市克弘代表取締役社長、駐日ウルグアイ大使館のセサル・フェレール大使が登壇し、導入の経緯や、解禁にあたっての展望などを説明した。

竹市社長によると、現在、米国産など輸入牛肉の価格高騰や、TPP11によるカナダ産やニュージーランド産の需要増など競争が激化する中、「ステーキ専門店としておいしい牛肉を探して米国、豪州、ニュージーランドなど40工場以上を視察し、南米の牛肉に注目した」と説明。ウルグアイ産牛肉の特徴は、▽国土の88%が草原という環境のもと栄養価の高い牧草のみで飼育される▽アンガスやヘレフォードといった英国系の肉専用種を飼育▽広大な草原と水源がある環境でストレスなく育てられる――ため、赤身がおいしい上質な肉質になるという。

新メニューの「炭焼き超厚切り 熟成サーロインステーキ」について、「ウルグアイ産牛肉は、米国産、豪州産に比べ盤が小さいので、厚切りで提供する。当社の強みである炭で焼き上げることで、外はカリっと、中はジューシーに仕上がる。『ブロンコビリーの調理法の強み』と『ウルグアイ産牛肉の赤身のおいしさ』がマッチした商品である」とした。

セサル・フェレール大使は今回の販売開始について感謝を述べるとともに、「我が国にとって牛肉産業はメーンとも言える最も大事な産業である。日本とウルグアイ、二国間での輸入解禁は喜ばしいことであり、日本の方々に『新たな牛肉』として楽しんでもらえると期待している。今後も他国に負けないようPRしていく」と、販売開始に向けた期待感や抱負を語った。

発表会ではゲストに、NHK「おかあさんといっしょ」で体操のお兄さんを14年間務めた小林よしひささんが登場したほか、肉マイスターの田辺晋太郎さん、食肉コーディネーターの片平梨絵さんが登場し、ウルグアイ産牛肉のおいしさと魅力を伝えた。竹市社長によるトリミング・カットの実演が行われ、試食第1号となった小林さんはウルグアイ産牛肉について、「噛めば噛むほどうま味が出てきて、うま味が凝縮されている」と感想を述べた。

発表会後のインタビューで、竹市社長は今回の取組みについて、「肉の筋繊維が細かいため、食べたときにジュワーッと口の中においしさが広がるのも特徴。年間の取扱い量は400t程度になると見込んでいる。今回、チルドでの取扱いとなるが、輸送期間が長いといったリスクももちろんある。しかし、ウルグアイ産牛肉は厚切りステーキとして最適なものであり、ブロンコビリー独自の炭火で焼くことで、家庭では出来ない、さらなる付加価値を提供できると思った。リスクはあるが、日本初の先駆者として『やってみよう』と挑戦した」とし、「常連客、新規客ともに、中長期的に提案・訴求していく」とした。

【メニュー詳細】(価格はすべて単品価格、税抜き)
▽ウルグアイ産「炭焼き超厚切り 熟成サーロインステーキ」150g=1,480円、200g=1,780円、300g=2,480円、400g=3,180円
▽「極み炭焼き ブロンコハンバーグ&炭焼き 超厚切り 熟成サーロインステーキ」340g=1,980円。

〈畜産日報 2019年5月21日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2019/05/2019-0521-1155-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp