エバラ食品工業、上場以来の過去最高益を達成 「黄金の味」や「浅漬けの素」「プチッと鍋」が利益貢献/2019年3月期決算


エバラ食品工業「黄金の味」シリーズ

エバラ食品工業「黄金の味」シリーズ

エバラ食品工業は5月15日、2019年3月期決算において、営業利益、経常利益、当期純利益の各利益指標が03年の上場以来、過去最高益を更新したことを発表した。

焼肉のたれ「黄金の味」の価値訴求を軸とした販売活動の継続による利益貢献のほか、ポーション調味料、業務用商品の収益力の向上が、利益面の大幅な拡大につながった。19年3月期売上高は前年同期比1.8%増の513.1億円、営業利益は62.7%増の23.9億円、経常利益は60.9%増の24.9億円、当期純利益は40.4%増の16.5億円。

「浅漬けの素」や「プチッと鍋」に代表されるポーション調味料が好調に推移し、売上高についても17年度に次ぐ高水準となった。創業60周年に向けた経営ビジョン「Evolution 60」(2014~2018年度)では、18年度(19年3月期)が最終年度に当たった。連結数値目標である営業利益率4%、海外売上高10憶円、ROE(Return On Equity=自己資本利益率)5%に関しても全ての項目で達成した。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/seasoning/2019/05/2019-0517-1432-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp