ニチレイ2019年3月期連結決算 冷食は家庭用の伸長が寄与、売上高2243億円


ニチレイ2019年3月期連結決算

ニチレイ2019年3月期連結決算

ニチレイが5月14日発表した2019年3月期連結決算は売上高が5,801億4,100万円で前期比2.1%増、営業利益は295億1,100万円で1.3%減、当期純利益は4.4%増で過去最高の199億4,300万円となった。加工食品、低温物流の両事業は増収・増益だったが、水産事業の苦戦が響いた。

グループの冷凍食品売上高は2,242億9,300万円で2.4%増となった。そのうち業務用調理品は983億7,400万円で1.1%増、家庭用調理品は602億8,700万円で5.5%増、農産を含むその他が656億1,900万円で1.7%増――。加工食品事業部門としては売上高が2,265億8,800万円で2.7%増、うち海外は326億4,000万円で6.9%増。営業利益は145億9,600万円で0.2%増だった。

〈冷食日報 2019年5月16日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2019/05/2019-0516-1307-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp