「メディカルライス協会」誕生、「治未病」目的に米の機能性を追求


 「一般社団法人 メディカルライス協会」ロゴ

「一般社団法人 メディカルライス協会」ロゴ

「一般社団法人 メディカルライス協会」がこのほど設立された。メディカルライスは、米の機能性成分を数量的に定義して病気の予防や治療に用いようというもので、「治未病」を目的としている。理事長には医学博士の渡邊昌氏(《公社》生命科学振興会理事長)が就任したほか、副理事長には同じく医学博士の吉川敏一氏(元京都府立医科大学学長)、新潟薬科大学教授の大坪研一氏が就いた。また、理事には東洋ライス(株)の雜賀慶二社長も名を連ねている。

同協会は「コメの生産、加工、消費者、研究者を結集し、規格の標準化やエビデンスを基盤として疾病予防や食事療法への適用を図ることを目指している。将来の研究者の育成のために助成金制度も設ける予定」としている。

〈米麦日報 2019年5月13日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/05/2019-0515-1607-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp