スターバックスのチルドカップ「コールドブリュー」発売、ミニチュアアートで世界観を表現


ジオラマアニメーター・MOZUさんの作品(右端は一筆書きのカップ)

ジオラマアニメーター・MOZUさんの作品(右端は一筆書きのカップ)

「手間暇をかける」が共通点

スターバックス・コーポレーションと、サントリー食品インターナショナルは、スターバックスのチルドカップシリーズより「スターバックス コールドブリュー コーヒー」(200mlカップ、税別219円)を5月14日から全国のコンビニエンスストアで期間限定発売する。コールドブリューとは、水でじっくり抽出したコーヒー。スターバックスは、2017年から国内の店舗で“コールドブリュー”を展開しているが、同社がRTD製品で展開するのは日本で初めて。

※RTD=Ready to Drink=フタを開ければそのまま飲める飲料

発売前日の5月13日には、一足早く「スターバックス コールドブリュー コーヒー」を楽しめる体験型アートイベントを、東京・代官山(渋谷区)のDAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYで開催。会場には、ジオラマアーティストのMOZUさんが制作した「スターバックス コールドブリュー コーヒー」にまつわるストーリーを表現したミニチュアアートを、1日限定で展示している(13日13時~20時30分まで〈20時最終入場〉)。

チルドカップの「スターバックス コールドブリュー コーヒー」

チルドカップの「スターバックス コールドブリュー コーヒー」

今回の体験型イベントのねらいについて、スターバックス・トレーディング合同会社の川口成美ブランドマネージャーは、「通常のアイスコーヒーは、お湯で抽出し、それを急速に冷やします。一方、“コールドブリュー”は水でじっくり抽出するのでとても時間がかかります。そのため、苦味や酸味などを抑え、すっきりとした後味、なめらかな舌触りを実現することができます。MOZUさんのミニチュアアートの作品は、緻密に丁寧に表現されているので、新製品のコンセプトに合っていると考えました」と話した。
 
ジオラマアニメーターのMOZUさんは、「“コールドブリュー”は手間暇がかかっているので、私も同じように手間暇をかけて制作しました。1番上の階は、厳選された豆を収穫しているシーンを、その下の階は焙煎しているところ、さらにその下ではコーヒーを抽出しています。それが商品となり、反対側にある店舗で提供されています」と語った。

川口マネージャー(左)、MOZUさん(右)

川口マネージャー(左)、MOZUさん(右)

なお、今回のミニチュアアートは今後、WEBでも公開する予定という。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2019/05/2019-0513-1716-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp