GM食品の表示基準改正府令を公布、Non表示を23年4月から厳格化/消費者庁


大豆油糧日報 2019年5月7日付

大豆油糧日報 2019年5月7日付

消費者庁は4月25日、GM食品の表示基準を改正する内閣府令を公布した。23年4月1日から施行される。

改正点はGMO不使用・Non-GMO表示について、現行基準では原料を分別流通管理した上でGMOの意図せざる混入は5%以下まで許容されているが、それをGMOの混入が無いと認められる場合のみに厳格化する。行政による科学的検証と社会的検証により、GMOが原料に含まれていることが確認された場合は、不適正表示となる。

なお、科学的検証に必須となる公定検査法は、現在開発中としている。

〈大豆油糧日報 2019年5月7日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/05/2019-0507-1538-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp