〈需給俯瞰〉平成30年産米3月末検査結果、過去5年で最低の1等比率80.5%


平成30年産水稲検査結果(3月末現在)

農林水産省は4月26日、平成30年産米の3月末現在農産物検査結果を公表した。以降10月末まで速報値の公表が途絶えるため、当面はこれが30年産の検査態様ということになる。水稲うるち玄米の検査数量は前年同期を1.9%(8万4,873t)下回る432万4,483tと、「やや不良」の作柄通りのペースを維持した。1等比率も80.5%で、過去5年で最低水準は変わらず。

2等以下への落等理由(カッコ内は順に29年産、28年産の同期の比率)は、心白・腹白27.3%(20.8%、24.9%)、充実度23.8%(25.7%、24.6%)、整粒不足23.0%(21.6%、17.2%)、カメムシ類の着色粒10.9%(17.7%、17.3%)。

なお飼料用米検査数量(籾・玄米計)は前年同期を15.0%(7万1,924t)下回る40万7,302tとなった。

〈米麦日報 2019年5月7日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/05/2019-0507-1121-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp