大阪でフランス・CIC銀行がワインテイスティングイベント ワイナリー17社来日、日本未輸入ワイン約80種


大阪でフランス・CIC銀行がワインテイスティングイベント

フランスのCIC銀行は4月10日、大阪市内のホテルで、フランスワインテイスティングイベントを開催した。フランスの8つの産地のワイン生産者、協同組合17社が来日し、午前中には着席形式のテイスティングセミナーを、午後は日本未輸入のワイン約80種類を集めた試飲商談会を実施した。セミナーには輸入業者やワインスクール講師、新聞社、レストラン関係者など14人が参加し、試飲商談会には輸入業者など約30人が来場した。CIC銀行Club International代表のパスカル・ブヴェ氏は、「CIC銀行としてフランスのワイナリー17ドメーヌを紹介できることをうれしく思う。今回は7つの地域から、それぞれ複数のワイナリーに来てもらった」とあいさつした。
パスカル・ブヴェ氏

CIC銀行Club International代表 パスカル・ブヴェ氏

同行は東京に事務所を構え、フランス企業の日本進出の支援や日本企業とのマッチングなど、数十年に渡りビジネスサポートを行ってきた。阿須間奈々主席代表アシスタントは開催目的について、「年間を通してワインを紹介する機会があり、案件の数も多く、まとめて試飲できるイベントを考えた。モントリオールやモスクワなど他国での開催実績もあった。今回は日本未上陸のワインを厳選した」と説明した。
 
午前中のテイスティングセミナーでは、17社の代表者が自社ワイナリーを紹介し、日本ソムリエ協会名誉会長でリーガロイヤルホテルマスターソムリエの岡正治氏のコメントとともに、各社を代表するワインのテイスティングが行われた。
 
産地の内訳とワイナリー数は、シャンパーニュ3、ロワール1、アルザス1、プロヴァンス1、ブルゴーニュ4、ローヌ3、ラングドック4。各ワイナリーとテイスティングで用意されたワイン、岡氏のコメントをそれぞれ紹介する。
 
【シャンパーニュ】
▽シャンパーニュ・クヴルール・フィリパー
=8.5ヘクタールの畑で、シャンパーニュを代表する3つの品種を栽培。割合はシャルドネ28%、ピノ・ノワール27%、ピノ・ムニエ45%で、様々なブレンドが可能である。テイスティングで用意した「グランド・レゼルヴ」については、「我々のドメーヌを代表するもの。本格的で素直なシャンパンと言える」と紹介。岡氏は「色はとてもきれいな黄金色で粒子が細かい。6年間熟成させて、液体に泡が溶け込んでいるような感じ。やや甘く感じる味わいもいい。アルコール12度と飲みやすい度数で、酸のバランスも良好。蒸し鶏などを勧めたい」と述べた。
 
▽シャンパーニュ・ベルナール・ロンクラ=「13歳からブドウ栽培に興味を持った。18歳の時に初めてブドウの畑を自分で植えて、19歳で初めて限定で330ボトルのシャンパンの醸造を行った」という代表のベルナール・ロンクラ氏。「現在は10ヘクタールの畑を栽培し、シャルドネを中心に植えている。ブドウ栽培から醸造、熟成に至るまで全体を統括している。当社のシャンパンはアペリティフとしても楽しんでもらえる」と紹介。テイスティングで用意した「ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット」について岡氏は、「シャルドネの繊細な香りと味わいがポイント。とてもキレイな酸が出ている。ホタテ貝のマリネのような柔らかな味わいの料理をお勧めしたい」と述べた。
 
▽シャンパーニュ・ルイーズ・ブリゾン=「シャルドネとピノ・ノワールのみを使ってシャンパンを造っている。有機栽培に転換し3年目を迎える」と紹介。テイスティングで用意された「シャンパーニュ・レジョンド・ブリュット・ミレジム2005」について岡氏は、「シャンパーニュの王道。エレガントな深い香り。味わい、酸味、アルコール、うまみのバランスの取れた高級シャンパン。シャンパーニュ地方のチーズをいただきながら、このシャンパンだけを味わうのはどうか」と述べた。
 
【ロワール】
▽ドメーヌ・デュ・プレシス・グレン
=35ヘクタールの畑があり、生産しているのは「AOCミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ」と「IGPヴァルドゥロワール」の各種銘柄。テイスティングが行われた「ル・プレシス・グレン‐ミュスカデ・セーヴル・メーヌ・シュ-ル・リー」について岡氏は、「日本料理もいいが、フランス料理ならサーモンのグリルなどを合わせてみたい」と述べた。
 
【アルザス】
▽カーヴ・ド・リボヴィレ
=「アルザスのワイン街道と言われるところのど真ん中に位置する。協同組合で、41人のブドウ栽培業者が会員となっている。ブドウはすべて手摘み。醸造後、3カ月から12カ月シュールリーで熟成して、瓶詰め後もしばらく熟成している」と紹介。テイスティングされた「クロ・デュ・ザナカール2013」については、「アルザスワインは単一品種から造られるイメージが強いが、アッサンブラージュで造られている」と紹介。岡氏は「このワインのポイントはまさしくブレンド。トップ品種を大体3分の1ずつブレンドしているのも面白く、リースリングの爽やかな香り、重い感じのピノ・グリ、バラのような香りのゲヴュルツトラミネール・オスターベルクの香りが出てくる。チーズと合わせてみるといいかもしれない」と述べた。
 
【プロヴァンス】
▽ドメーヌ・ドゥ・ラ・グランド・パリエール
=1990年代に有機農法の認証を受けている。輸出は全体の20%で英国、スイスなどが中心。今後はアジア、日本での販売も目指すとしている。テイスティングで用意された「ドメーヌ・グランド・パリエール・ロゼ」については、「プロヴァンスのクラシカルなアッサンブラージュによるワイン」と紹介。岡氏は、「美しい光沢のあるピンク色で、香りはとてもシンプルでミネラルを感じる。酸はさほど強くはないが、その分飲みやすい。昼から飲めるワインだと思う。魚介類の相性がベスト。スズキの香草焼きのグリルや、寄せ鍋を食べながら飲むのもいい」と述べた。
 
【ブルゴーニュ】
▽シャトー・ドゥ・ビュファヴォン=「2009年に現在のブドウ畑を購入し、赤と白のボジョレーを造っている。ブドウ園と合わせて民泊施設の運営を行っている。2つの畑があり、合わせて10ヘクタールほど。粘土の石灰質の土壌」と紹介。テイスティング用の「ボジョレー・ルージュ・トラディション」については「伝統的なワイン。収穫は8月末くらいに行い、翌年の春に瓶詰めした」と説明。岡氏は、「イメージとは異なりアルコールが高く、14度を超えている。味わい深い。香りも凝縮感がある。味はドライで飲み心地を感じるワイン。スペアリブなども合う」と述べた。
 
▽シャトー・ドゥ・ラ・シェーズ=「130ヘクタールの畑があり、ボジョレーで最大級のドメーヌ。設備の充実を図り、ソーラーパネルの設置も進めていく」と紹介。テイスティング用の「ブリュエ」について岡氏は、「ボジョレーの特級のワイン。熟成するとどんどんおいしくなる。グリルした牛肉が合う」と述べた。
 
▽ドメーヌ・ガヴィニェ・ベタエ・エ・フィーユ=「9ヘクタールのブドウ畑がある。減農薬の栽培方法により、手摘みで収穫している」と紹介。テイスティングの「ニュイ・サン・ジョルジュ《レ・ザテ》」について岡氏は、「ピノ・ノワールの王道。アルコール13度とほどほどで沢山飲めそう。チキンのトマトソース煮込みなども食べてみたいワイン」とコメントした。
 
〈酒類飲料日報 2019年4月11~12日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/04/2019-0426-2004-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp