サタケ、ベトナムの現地メーカーLAMICO社と穀物乾燥機を共同開発、2020年に販売開始


共同開発契約調印式

共同開発契約調印式

(株)サタケ(佐竹利子代表)は4月22日、ベトナムの穀物加工機器メーカー・LAMICO社(ラミコ社)と穀物乾燥機の共同開発をスタートした。

共同開発契約締結は去る2月22日のこと。サタケでは昨年4月にサタケ・ベトナム社を立ち上げており、従来よりも低価格の循環式乾燥機を提供するため、現地生産を含めたコストダウンを模索していた。ラミコ社は乾燥機を含む穀物加工機器や貯蔵タンクなどをベトナム国内で製造販売しており、競合メーカー同士の両社の思惑が一致して今回の共同開発に至った。今後は乾燥制御などのソフトウェア開発をサタケが、搬送スクリューなどハードウェア開発をラミコ社が担当し、2020年初旬に低コストな中・小規模精米所向け循環型乾燥機を現地生産・販売する予定。

〈米麦日報 2019年4月24日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/04/2019-0424-1821-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp