MLAがラムレシピブックVol.3発行記念イベント、ラム肉需要の盛り上げを図る


オージー・ラムPR大使(ラムバサダー)新加入の6人

オージー・ラムPR大使(ラムバサダー)新加入の6人

ラムバサダー新加入6人が1年間の集大成を披露、「竜田揚げ」「すき焼き」などメニュー紹介

MLA豪州食肉家畜生産者事業団は4月15日、東京都内で「THE LAMBASSADORS Vol.3」(オージー・ラムレシピブックVol.3)発行記念イベントを開き、関係者ら80人が一同に会した。

MLAでは2015年(ひつじ年)から、日本市場でのラム肉需要を盛り上げるべくラムバサダー・プロジェクトを展開。ラムバサダーはラム肉に対するMLAの思いに賛同する食のプロを「オージー・ラムPR大使=ラムバサダー」として任命し、さまざまな角度からラム肉の魅力を発信している。最初は9人でスタートしたが、16年に7人、18年には新たに6人のラムバサダーがそれぞれ加わったことで、現在は総勢22人のラムバサダーが活動している。ワークショップや羊フェスタなどイベントへの参加、メニュー提案など幅広い活動を行っており、今回、新たに加わった6人の1年間の集大成として「THELAMBASSADORS Vol.3」を発行した。

18年から新たに加わったのは、羊SUNRISE の関澤波留人氏( TEPPAN 羊SUNRISE オーナー)、ワインスペシャリスト・料理家の沢樹舞氏(たべるの代表取締役社長)、BBQデザイナーの井川裕介氏(REALBBQ 代表取締役社長)、講師・料理人の宮川順子氏(MIKU 日本味育協会代表)、フードクリエイターの田淵拓氏(サッカパウエグゼクティブシェフ)、北海道ジンギスカンPRキャラクターのジンギスカンのジンくん――の6人。当日は全員が勢揃いし、▽ラムラックを使った「ラム肉のロースト 瞬間スモークとポルチーニ茸のクレーマ」(田淵氏)▽家ご飯におすすめのモモ肉を使った「羊肉の竜田揚げ」(宮川氏)▽オーストラリアワインと相性抜群の「ラム肉のすき焼き」(沢樹氏)――のメニューを紹介した。

家ご飯におすすめのモモ肉を使った「羊肉の竜田揚げ」(宮川氏)

家ご飯におすすめのモモ肉を使った「羊肉の竜田揚げ」(宮川氏)

関澤氏は「羊に対する価値観を変えるジンギスカン」とし、改めてジンギスカンの価値を訴求し、井川氏は「ソトヒツジノススメ」としてアウトドアでのラム肉の楽しみ方を提案した。
 
ジンギスカンのジンくんはブースにオリジナルの「ジンギスカンのたれ」やオリジナルグッツを並べジンギスカンの魅力を発信した。会場で紹介・提案されたものは今回のVol.3に掲載されている。

ジンくんは「ジンギスカンのたれ」等でジンギスカンの魅力を発信

ジンくんは「ジンギスカンのたれ」等でジンギスカンの魅力を発信

披露パーティーでは、6人が1年間の活動の振り返りや今後の抱負を述べたあと、MLAのアンドリュー・コックス駐日代表が「日本でラム肉は牛肉や豚肉、鶏肉に比べまだまだマイナーな立ち位置にある。とはいえ、近年はラムのおいしいお店が出来るなど、ラムの可能性が増えてきており、それに伴い消費も増やしていきたい。いまや活動においてラムバサダーの存在は欠かせないものとなっており、食のプロのアプローチでラムを広めていけることに感謝している。本日はラム料理を楽しんでいただくとともに、今後のラムバサダーの活動にもぜひお越しいただきたい」とあいさつし懇親に入った。

MLA アンドリュー・コックス駐日代表

MLA アンドリュー・コックス駐日代表

MLAでは、6月2日に毎年恒例となった「ラムバサダーフェスティバル2019」(東京都中野区・中野セントラルパーク)の開催も予定しており、今後も22人のラムバサダーとともに日本のラム肉需要を盛り上げていく。
 
〈畜産日報 2019年4月17日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2019/04/2019-0419-1602-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp