ハーゲンダッツが五感で味わう“抹茶サロン”、六本木ヒルズに「Haagen‐Dazs MATCHA SALON」オープン


ハーゲンダッツが五感で味わう“抹茶サロン”、六本木ヒルズに「Haagen‐Dazs MATCHA SALON」オープン

「Haagen‐Dazs MATCHA SALON」イメージ

抹茶尽くしの“エンターテインメント型コースメニュー”全6品を提供

ハーゲンダッツジャパンは、創業35周年を記念し、五感で味わう抹茶尽くしのコースメニューを提供する「Haagen‐Dazs MATCHA SALON」を、4月24日から5月5日まで東京・六本木に期間限定オープンする。4月11日から予約受付開始。

2019年は、日本で開発した初のフレーバーである「グリーンティー」の強化元年に位置付けており、同サロン出店は大型プロモーションを投じ徹底育成していく取り組みの一環。六本木ヒルズ内ヒルサイド2階にある「ヒルズカフェ/スペース」内にオープンし、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感をフルに活用してハーゲンダッツこだわりの抹茶が楽しめる“エンターテインメント型コース”(6品)を提供する。

「Haagen‐Dazs MATCHA SALON」内観イメージ

「Haagen‐Dazs MATCHA SALON」内観イメージ

メニューは人気フレンチレストラン「L’AS」の兼子大輔オーナーシェフが監修。グリーンティーアイスと炭酸水を組み合わせライムを合わせたカクテル(ノンアルコール)でスタートし、「フォアグラのクリスピーサンドグリーンティーフレーバー」「3種の濃さの抹茶ティラミス」など“驚きや感動の6品”を一皿一皿丁寧に客席へ届ける。店内は抹茶の緑を基調とし高級感ある洗練された空間を演出。
 
営業時間は11時~22時30分(1時間入れ替え制)、価格は税込み2900円。予約枠の席のほか当日来場者枠の席も用意する。

「グリーンティーとライムのカクテル」(ノンアルコール、上)、「3種の濃さの抹茶ティラミス」(左下)、「至福のハーゲンダッツグリーンティー」(右下)

「グリーンティーとライムのカクテル」(ノンアルコール、上)、「3種の濃さの抹茶ティラミス」(左下)、「至福のハーゲンダッツグリーンティー」(右下)

日本市場向けフレーバー第1号である「グリーンティー」に今年は大型プロモーションを投じ、現在、同社ミニカップアイスの人気ベスト3のポジションから、1位のバニラ並みの大きな商材へ3~5年かけて押し上げていく考えだ。

ハーゲンダッツ「グリーンティー」

ハーゲンダッツ「グリーンティー」

◆「Haagen‐Dazs MATCHA SALON」予約サイト=https://www.haagen-dazs.co.jp/matcha_salon/

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2019/04/2019-0412-1533-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp