「もち性大麦の業界基準」を制定、ロゴ「全麦連もち大麦マーク」も/全国精麦工業協同組合連合会


「全麦連もち大麦マーク」

「全麦連もち大麦マーク」

全麦連(全国精麦工業協同組合連合会、土持寿翁会長)は4月1日、「もち性大麦(はだか麦を含む)の業界基準」を制定した。もち性大麦を「もち性遺伝子型を有する大麦」と定義し、国内産10品種、外国産10品種をリスト化(表)。今後、新たな品種があればリストに追加する。また、「全麦連もち大麦マーク」も制定(商標登録出願中)。もち性大麦を100%使用したNB・PBブランドのパッケージ等に使用できる。既に、会員3社・20製品への利用が決まっている。「他の会員企業からも問い合わせがある」(全麦連)。
もち性遺伝子型を有する大麦(はだか麦含む)の品種リスト

〈米麦日報 2019年4月2日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/04/2019-0401-1735-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp