「2019CGC合同商談会」開催、PBで大容量や簡便性の高い商品に注力、ミールキットも拡充


「2019CGC合同商談会」

シジシージャパン(CGC)は3月27~28日の2日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「2019 CGC 合同商談会」を開いた。冷凍食品の強化として、「生産性の改善」売り場提案や小分け惣菜など新しい冷凍食品提案、常備に向く大容量冷凍食品の提案などを訴求した。

同社冷凍食品担当者によると、冷凍食品は果実や大容量の商品、ミールキットなど堅調に推移し、出荷量は前年比約5%増加したという。しかし、冷凍野菜で野菜の相場安の影響や、NB品で大きなヒット商品が少なかったため「店頭では前年とほぼ同程度との声もあった」と話す。常務取締役の芹澤政満企画本部本部長も「全体的に悪くはなかったが、冷凍野菜の動きは鈍かった」と振り返る。

今回の商談会では、冷食売り場に役立つ提案を行った。2018年から取り組みを本格化させた縦置き陳列をより強化する。商品を縦置きにすることで、陳列面積は30%増えたという。縦置き陳列とともにプライベートブランド(PB)商品を提案することで利益確保になることを伝えた。また、青果売り場での冷凍野菜の販売も提案した。一部店舗で行ったところ、冷凍野菜・果実の売り上げは倍増した。

PB新商品は、大容量やミールキットの商品提案が活発だった。大容量の商品は、「断然お得」ブランドから「餃子30個」(委託先は餃子計画)を3月下旬から出荷を始めた。内容量510gで税込377円(以下すべて税込)と値ごろな商品だ。「若鶏のから揚げ」も600g入りで価格は539円となっている。3月から販売する。冷凍惣菜として、解凍するだけで食卓の1品になる商品も提案した。三菱食品と、冷凍食品の製造販売を手掛けるサンカツ(青森県黒石市)が共同開発した「味Delice」5品目を3月から出荷する。実験的に100店で販売したところ、「牛肉とナスのしぐれ煮」と「鶏肉とアスパラの黒胡麻ソテー」が野菜の鮮やかさなどで好調だったという。味付けは白米に合うように少し濃くなっている。価格は全品215円で、内容量は商品によって異なるが、60~75gとやや少ない。三菱食品の担当者は「2人で食べるにはちょうどいい量にした」と話す。

PB商品の提案

PB商品の提案

また、野菜の入ったミールキットとして「ごちそうミート」5品目を1月下旬から出荷を始めている。今後発売予定の商品の「ごちそうCooking」2品目も紹介した。ごちそうミートは解凍の時間が必要だが、ごちそうCooking はフライパンでそのまま調理できる。
 
また、「ショッパーズプライス」から11月に発売した、1皿で1食が完結する「イタリアンハンバーグ&ボロネーゼ」(日本製粉)などのトレイ入りも訴求した。日本製粉の担当者は「簡便性の需要は高まっており、NB でも出しているが、一つの皿で主食とおかずを摂れる商品は便利だと思う」と話す。
 
その他、日清フーズから「マ・マー大盛ミートソース」を3月上旬に投入した。NB でも同様の商品を販売しているが、同商品は中身のソースの濃度を変更している。冷凍野菜は「ショッパーズプライス」から「カットアスパラ」(加工者はフリゴ、輸入はエージーアイジャパン)を2月25日から出荷を始めた。
 
また、加盟店バイヤー888人が売り上げや利益に最も貢献した商品を選ぶ、2018年度の「ベスト・オブ・CGC 商品」の冷食部門に「CGC 若鶏のから揚げ」「若鶏の竜田揚げ」(どちらもニチレイフーズ)が選ばれた。昨年3月のリニューアルで鶏もも肉を大きくして、にんにく不使用(竜田揚げは従来から不使用)にするなど、品質の向上や値ごろで利益を確保できる点などが評価された。2019年度は縦型デザインに変更して売り場効率の改善を図る。
 
〈冷食日報 2019年3月29日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2019/03/2019-0329-1629-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp