液体塩こうじが「免疫力向上への貢献」示唆、元サッカー選手・鈴木啓太氏が発表/ハナマルキ


鈴木啓太さん、神野大地さん、ハナマルキ・平田伸行取締役

鈴木啓太さん、神野大地さん、ハナマルキ・平田伸行取締役

ハナマルキはAuB(東京都中央区)と共同で、丸の内のランナーを中心とした一般人100人弱に向けて、「液体塩こうじ・腸内環境向上セミナー」を25日東京の新丸ビルで開いた。

ハナマルキはAuB、慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボとの共同で、「液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト」を18年3月に発足し、塩こうじの腸内環境への効果およびスポーツパフォーマンスへの効果を研究してきた。結果、液体塩こうじの摂取によって、免疫力の向上に貢献すると多数報告されている「酪酸、乳酸、酢酸などの短鎖脂肪酸を作る腸内細菌」が増加し、腸内に対して有効に作用したことが示唆された。ハナマルキでは、こうした結果が得られたことから、今後、液体塩こうじのスポーツ領域での浸透を目指していきたいと考え、今回のセミナーの開催に至ったとしている。

当日は、元サッカー選手でAuB社長の鈴木啓太さんによる腸内細菌講座が行われたほか、3月3日に行われた東京マラソンで「マラソングランドチャンピオンシップ」の出場権を獲得したプロランナーの神野大地さん(セルソース所属)、管理栄養士の元雄桜子さんを招き、アスリートならではの食に対する課題や栄養についてトークセッションが行われた。さらに、液体塩こうじを使用したレシピ紹介、試食会も行った。

同セミナーの冒頭に液体塩こうじの紹介をした平田伸行取締役は、「粒状の塩こうじを絞って液体にしたもので、塩こうじを液体化することで肉魚に漬け込む際、液体の方が漬け込みやすく、計量しやすく、手軽に使いやすいというメリットがある。麹に酵素が含まれており、酵素の働きでたん白質、デンプンを分解して、うま味成分を引き出す効果があり、肉魚が柔らかくなる」ことなどを紹介した。

プロランナー・神野大地さん「いろいろな料理にも使える」

鈴木社長による腸内細菌講座では、「自分の体調・特徴をまず知ることから始めてください。それから、自分に合った食事や補助食品を摂ってください。最初に口に入る段階で悩まれてはマーケティングにやられしまいますよ。自分の体調・特徴を知り、自分の物差しを得て、そこから、いいものを摂ってもらいたい」などとアドバイスした。その上で、AuBが提供する腸内フローラ検査サービス「BENTRE」を紹介し、食事と腸内細菌の相関から、太りやすさ、美肌力、ストレス緩和、安眠力などについてアドバイスし、その後は管理栄養士がしっかりと指導するなどといったサービス内容を説明した。

鈴木社長、神野さん、元雄さんによるトークセッションでは、鈴木社長が液体塩こうじについて「妻が喜んだ。簡単においしくできるから。肉でも魚でも何でも使えられるし、簡単なので生活に取り入れやすい」と感想を述べた。

これを受けて、元雄さんは、「さしすせその調味料に無理やりでも入れたいぐらいの万能調味料。最初はどんなメニューでも大さじ一杯をとりあえず入れておくと、隠し味になる。お肉やお魚は加熱する前に、液体塩こうじに漬け込んでおくと、絶対おいしくなるので、試してもらいたい」と主張した。

神野さんも液体塩こうじを使った料理をすでに試しており、「栄養士が作ってくれた焼きしゃけや野菜スープなどを食べたがおいしかった。液体塩こうじは免疫力を上げるというデータが出ているようなので、いろいろな料理に使える。これは調味料の神だなと思った」と絶賛した。セミナー終了後に行われた試食会では、液体塩こうじを使った野菜スープなどが振舞われ、スープのコクに感心しているようだった。

〈大豆油糧日報 2019年3月29日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/03/2019-0329-1619-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp