「卓球×カフェ」で元気なまちに、三重県桑名市とネスレ日本が「卓球珈琲(カフェ)」を開設


オープニングセレモニーでは桑名市の伊藤徳宇市長らが卓球のラリーを行った

オープニングセレモニーでは多くの地域住民が見守る中、桑名市の伊藤徳宇市長らが卓球のラリーを行った

桑名市(三重県)とネスレ日本などが、公民連携で「桑名卓球珈琲(カフェ)プロジェクト」推進に関する協定を3月21日に締結し、その第1弾として「卓球珈琲(カフェ)」を同日開設した。

「卓球珈琲」は、同市の城南まちづくり拠点施設内に作られ、卓球台を設置して自由に卓球を楽しめる場を提供するもの。子どもから高齢者、さらに身体に障がいのある人でも楽しめるプレー方法を伝えることで、誰でも健康的に卓球(運動)ができる機会を作るねらいだ。また、「ネスカフェ」のカフェコーナーを開設し、手軽にコーヒーを楽しめることから、カフェによる集いの場づくりを行う。桑名市総合医療センターによる定期的なヘルスケア教室やクッキングスクールも実施されるという。

同日に行われたオープニングセレモニーには、近隣住民を中心に170名が集まる中、今年話題を集めたTリーグの松下浩二チェアマンもゲストで参加し、桑名市の伊藤徳宇市長と卓球のラリーを行った。カフェ体験では、最新マシンでコーヒーやココアが提供され、セレモニーは盛況のうちに幕を閉じた。

「ネスカフェ」のカフェコーナーでは、コーヒーやココアなどを卓球の合い間に楽しめる

「ネスカフェ」のカフェコーナーでは、コーヒーやココアなどを卓球の合い間に楽しめる

桑名市は、多様化する地域課題の解決に向けて、全員参加型のまちづくりを目指し、新たな地域コミュニティの組織作りに取り組んでいる。その新しいまちづくりを支援する目的で作られたのが「桑名卓球珈琲プロジェクト」だ。同プロジェクト推進の協定締結には、桑名市とネスレ日本のほか、(一社)卓球で日本を元気にする会、(一社)ニュートリション運動推進会議子どもの健康づくり委員会、朝日エルも名を連ね、桑名市総合医療センターが立会人となった。それぞれが持つ専門分野を生かし、桑名市の元気なまちづくりを応援する体制を整えている。
 
伊藤市長は、「まちづくり拠点に多くの人が集まっていただくツールとして、“卓球珈琲”を利用させていただきたい。地域の活動の担い手はどんどん高齢化し、地域活動がなかなかできなくなり、孤独な高齢者も増えている。もう一度地域の絆を再構築し、それぞれが住む地域のみんなでいろいろな課題解決をしたり、助け合うことが大切になる。そこで卓球珈琲には、まちづくり拠点に人が集っていただき、参加するご自身も卓球を通じて健康になっていただきながら、もう一度コミュニティを作るきっかけになるようなツールとしての役割を期待している」とし、今後、市内の他のまちづくり拠点での展開も視野に入れているとした。

楽しく栄養を学びながら体を動かすゲームも用意

楽しく栄養を学びながら体を動かすゲームも用意

ただ、疑問なのは、スイスに本社を置く世界最大の総合食品飲料企業の日本法人であるネスレ日本が、なぜ地域のまちづくりへ参画することを決めたのかということだ。この点について、同社の嘉納未來執行役員は次のように話す。
 
「ネスレ日本は、パートナー団体とともに、子どもの健康づくりのための栄養と運動の教育プログラム“ネスレ ヘルシーキッズ プログラム”を展開してきました。子どもたちだけではなく、大人もシニアの方も健康的な生活のためには栄養と運動が重要であり、小学校中心の展開から、子どもからシニアの方々が多世代交流をしながら、一緒に健康に取り組む地域のプログラムへ発展させたいと考えていました」
 
「また、職場で手軽にコーヒーを楽しめるサービス「ネスカフェ アンバサダー」や神戸市における“介護予防カフェ”などを通じて、私たちはコーヒーを飲みながら楽しく語らう集いの場づくりを応援しています。」
 
「今回桑名市様とご縁があり、ご一緒したいと思ったのが、桑名市様の新しいまちづくりです。従来の地域コミュニティ組織は、自治会や老人会、婦人会、子ども会など様々な団体がそのテーマや目的別に活動している一方、多世代交流の希薄化や担い手不足、地域課題の共有が難しいなどの課題があります」
 
「そこで桑名市は、地域を育て、地域を守ってきた様々な団体の知識と経験、情報、ネットワークを一本化し、市が地域のまちづくりを側面から支援する体制の整備、つまり、様々な地域の団体の横のつながりをつくることを目指されています。様々な世代の横のつながりには、卓球とカフェがツールになると感じ、桑名市様と取り組みたいと思いました」
 
地域社会は、それぞれが多様で複雑な課題を抱えている。その解決の一助となるのは、誰もが気軽に立ち寄ることができ、生きがいを見つけられる場かもしれない。桑名市の「卓球珈琲」が、行政と地域住民と企業の連携、そして元気なまちづくりのモデルケースになるか注目したい。

桑名市総合医療センターの竹田理事長、卓球で日本を元気にする会の兒玉代表理事、桑名市の伊藤市長、ネスレ日本の嘉納執行役員、朝日エルの岡山会長

桑名市総合医療センターの竹田理事長、卓球で日本を元気にする会の兒玉代表理事、桑名市の伊藤市長、ネスレ日本の嘉納執行役員、朝日エルの岡山会長

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2019/03/2019-0327-1728-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp