ケイエス冷凍食品、「ミートボールのプレゼンス向上目指す」/斎田直樹社長


ケイエス冷凍食品 斎田直樹社長

ケイエス冷凍食品 斎田直樹社長

ミンチ加工技術・ノウハウの数値化、スペシャリストを育成

「強みであるミンチ加工技術を活用し、付加価値の高い商品づくりと提案を通じて、ミートボールのプレゼンス向上を目指す」。

昨年3月にケイエス冷凍食品の社長に就任した。冷凍ミートボールシェアNo.1メーカーとしてトップメーカーとして、ミートボールの存在価値を高める取り組みを強めていく考えだ。

ミートボールの食文化はハンバーグ以上に多くの国に根付いているが、日本ではお弁当のおかずのイメージが根強い。さらなる成長にはメニューとしてのミートボールの地位を向上させてることがカギになる。そのために開発・製造と営業の両面で取り組みを進めている。

「ミートボールを脇役から主役に引き上げるためには、付加価値のある商品づくりをしていかなければならない。技術をもっと応用していくことが必要だ」

今年1月に担当部署を設け、蓄積してきたミンチ加工技術・ノウハウを分解・分析し、見える化を進めている。大阪・泉佐野市の自社工場は冷凍ミートボール工場としては国内最大規模を誇るが、一口にミンチ加工技術といっても、やわらかさの調整や肉の配合、タレの製造技術まで奥が深い。それらを細かく数値化することで、あらゆる客のニーズにこたえられる製造技術の基盤を再構築する考えだ。

「ケイエスのミートボールの価値、優位性、使い方など、ミートボールの歴史を踏まえたうえで、お客様ニーズを引き出し、先取りして提案型営業を目指したい」。

営業面では「MBMA(ミートボールマーケティングアドバイザー)」と名付けるスペシャリストの育成に取り組む。営業から数名を選出し、月1~2回勉強会を開いている。

自ら考えて行動する集団、しなやかで強い組織に

昨年の社長就任から8カ月が過ぎ、新年度に入った1月、新年度の方針として「従業員全体が自ら考え行動する集団となり、しなやかで強い組織づくりを実現する。これを意識して限界利益の創出、収益基盤の再構築に取り組んでいきたい」と掲げた。

営業力強化を目指し、18年度の振り返りと19年度の方針の共有化を目的に、部支店長を中心に“濃厚な”勉強会を実施した。「自ら考え行動し、失敗を恐れずに自らイノベーションを起こすような人材を育成し、そういう集団にしていきたい」と話す。

「しなやかで強い組織」とは昨年の就任時に掲げた言葉でもある。「多様で複雑な変化のなかでも、柔軟な発想で変化に対応する、根気強く探求する信念、頑なにならずにおおらかに許容する――そのようなしなやかさを併せ持った組織こそが強靭だと思う」。自身が様々な企業に所属した経験に裏打ちされた信念だ。

「水昇火降(「水が昇り、火が降りる」)の精神で、頭は冷静に心は熱く、それぞれが仕事に向き合うことが大切」と口元を引き締めた。

今年1月から親会社テーブルマークの執行役員も兼務する。両社間ではこれまでになかった人事だ。「コミュニケーションの円滑化にとどまらず、双方向の意見交換が深まり、新しい流れが生み出せれば」と話す。

両社間で商品回りの交通整理ができていない部分もあり、シナジーを高める余地は多分にあるとみる。

【プロフィル】(さいだ・なおき)1962年4月5日生。東洋大経営学部卒。93年7月ピルスベリージャパン入社。2009年4月加ト吉(現テーブルマーク)、第一営業本部広域営業部長、10年7月ケイエス冷凍食品出向、執行役員営業本部長、11年6月同社常務執行役員、12年6月同社取締役常務執行役員、14年9月桃屋広域営業部部長、15年10月同社営業本部本部長、同年12月同社取締役、18年3月テーブルマーク入社、同月ケイエス冷凍食品社長に就任。

〈冷食日報 2019年3月28日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2019/03/2019-0328-1612-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp