「SOYBIO 豆乳ヨーグルト」に「プレーン無糖」登場、400gの大容量で展開/ポッカサッポロ


「SOYBIO 豆乳ヨーグルト プレーン無糖 400gカップ」展示

「SOYBIO 豆乳ヨーグルト プレーン無糖 400gカップ」展示(左右は既存の「ストロベリー」と「プレーン加糖」)

豆乳ヨーグルトに積極投資、自社製造ラインを稼働

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、大豆・チルド事業を将来の成長に向けた柱と位置づけ、群馬工場内に豆乳ヨーグルトを製造する第二工場を新設し、3月22日に竣工・稼働した。大豆→豆乳→発酵→充填までを一貫して製造できることが特徴。投資額は約53億円で、豆乳ヨーグルト市場(18年)の約27億円の倍の規模にあたる大胆な投資だ。

26日には、同工場から生まれた新製品「SOYBIO(ソイビオ)豆乳ヨーグルト プレーン無糖 400gカップ」(4月2日発売)を発表。岩田義浩社長は、発表会の席上で、「大豆・チルド事業は、当社の将来の成長のカギを握る。豆乳や豆乳ヨーグルトは植物性のミルクとされ、健康寿命の延伸が話題になる中、注目されている。豆乳ヨーグルトを、当社の中で大きな柱にしたいと考え、今回、自社で一貫生産できる工場の投資を行い、大型容器の発売に至った」とした。

家族向けに大型容器、30~40代女性取り込みへ

これまで同社は豆乳ヨーグルトで、「ソヤファーム」や「ソイビオ」ブランドの小型カップ製品を展開していたが、新たに大型容器のプレーンタイプを投入することにより、アレンジが楽しめ、家族でも食べられる食シーンを提案する。豆乳ユーザーにとどまらず、ヨーグルトユーザーや美容や健康に関心のある30~40代女性の取り込みを図る考え。

豆乳ヨーグルト市場「20倍に成長する可能性」

なぜ、豆乳ヨーグルトに注力するのか。同社執行役員大槻洋揮大豆・チルド事業本部長は、「植物性食品が成長を続けている。それは、健康・美容ニーズ、たんぱく質摂取ニーズ、環境負荷・資源の供給などの理由が挙げられる。日本でも、ビーガンやフレキシタリアン(柔軟な菜食主義者)の方が増えており、また、2020年の東京オリンピックや2025年の大阪・関西万博など、海外からお客様を迎える機会も増えるので、日本で植物性食品はさらに伸長するだろう」とし、「市場規模を見ると、牛乳と豆乳は100:10の割合だが、ヨーグルトと豆乳ヨーグルトは100:0.5なので、現在の20倍に市場は成長する可能性がある」と話した。

「豆乳ヨーグルト市場について」(ポッカサッポロ)

「豆乳ヨーグルト市場について」(ポッカサッポロ)

新製品の「ソイビオ 豆乳ヨーグルト プレーン無糖」は、味覚を向上するため、アク抜き抽出や、大豆を丁寧に細切りし微細化することで、おいしさにこだわった豆乳を搾汁していることが特徴。大豆たんぱく質、大豆イソフラボン、食物繊維入り、コレステロールゼロ、乳製品不使用の設計。2019年は、同社の豆乳ヨーグルト事業で前年比1.5倍の20億円を目指す。

「SOYBIO 豆乳ヨーグルト プレーン無糖」の「おいしさの秘密」(ポッカサッポロ)

「SOYBIO 豆乳ヨーグルト プレーン無糖」の「おいしさの秘密」(ポッカサッポロ)

豆乳ヨーグルト市場は、2018年の実績が前年比8%増の約27億円の見込みで、5年連続で伸長しているという。大槻執行役員は、「2026年には豆乳ヨーグルト市場を120億円規模へ拡大していきたい」と意気込みを語った。

ポッカサッポロ 岩田義浩社長(左)、大槻洋揮執行役員(右)

ポッカサッポロ 岩田義浩社長(左)、大槻洋揮執行役員(右)

〈大豆油糧日報 2019年3月28日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/03/2019-0328-1256-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp