「抹茶クリームラテ」や「抹茶サラダ」など提案、「伊藤園×横浜高島屋」抹茶イベント「I LOVE MATCHA」


抹茶クリーミーラテ

「ニホンの食卓 つくみ」の「抹茶クリームラテ」(アイス)

“抹茶サラダ”など30を超える提案商品がズラリ

抹茶への注目が高まっている。米国を中心に世界でも健康性の高さからスーパーフードとして知られるほか、日本では、伝統的な茶道のお点前や手軽に楽しめる抹茶入り緑茶飲料、カフェの抹茶ラテやスイーツの抹茶味などで親しまれている。

伊藤園は、日本の文化である抹茶を、より身近なものとして現代の生活に提案するイベントを開催している。3月20日から26日まで、横浜高島屋のレストランや喫茶、食料品フロアの約30ブランドで同社の抹茶原料を使用した商品を販売するほか、特設ブースで現代の生活に合う抹茶を提案する抹茶イベント「I LOVE MATCHA(アイラブ抹茶)」を開催し、初日から大勢の買い物客で賑わっている。

横浜高島屋で販売している抹茶コラボ商品は、和菓子や洋菓子のスイーツだけでなく、総菜が多いのも特徴で、「抹茶香る ケールとハーブチキンのサラダ」(RF1)、「抹茶肉餃子」(皇朝)、「謹上蒲鉾(抹茶)」(鈴廣かまぼこ)、「抹茶ホイップメロンパン」(サンジェルマン)など、ラインアップが多岐にわたっている。

「抹茶香る ケールとハーブチキンのサラダ」

「抹茶香る ケールとハーブチキンのサラダ」

さらに、地下1階の催事スペースでは、京都の長屋をイメージした特設ブースで、同社直営店舗「茶寮 伊藤園」で取り扱う「抹茶クリーミーラテ」などのテイクアウト販売や、パウダーインキャップの抹茶飲料「matcha LOVE」などの抹茶関連製品を販売している。また、実際に来店客自らが抹茶を点てて、飲むことのできるワークショップ(1回216円)を実施しており、人気を博している。
 
伊藤園の担当者は、「抹茶市場は、直近5年間で約2倍になるなど大きく拡大しています。当イベントを通じて現代の生活に合う抹茶をご紹介し、“お茶の伊藤園”として抹茶の魅力を改めてお伝えしていきます」としている。

抹茶を点てて飲むことのできるワークショップを実施

抹茶を点てて飲むことのできるワークショップを実施

抹茶イベント「I LOVE MATCHA(アイラブ抹茶)」概要

場所=横浜高島屋(横浜市西区南幸1丁目6番31号)
期間=3月20~26日 10時00分~20時00分 ※店舗ごとの営業時間は横浜高島屋に準ずる

伊藤園の特設ブース

地下1階 催事スペースの特設ブース

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2019/03/2019-0322-1654-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp