サッポロビール「ドラフトワン」が“お値打ちサイズ”で新登場


「サッポロドラフトワン」

サッポロビールは「サッポロドラフトワン」を5月14日に“お値打ちサイズ”の新容量で発売する。アルコール5%、その他醸造酒(発泡性)〈1〉、330ml缶・470ml缶。販売計画90万ケース。

新ジャンル(=ビール・発泡酒以外のビールテイスト飲料。第3のビール)のパイオニアとして長年愛されている商品。爽快なのどごしはそのままに、パッケージは、ホワイトとシルバーを基調とした背景にブルーのロゴを配置し、爽快な味わいを想起させるとともに、新容量であることが一目でわかるよう赤い帯で大きく配置した。中味の変更はない。赤い帯には「お値打ちサイズ!350ml→330ml」「お値打ちサイズ!500ml→470ml」とそれぞれ表記する。

〈酒類飲料日報 2019年3月22日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/03/2019-0322-1008-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp