学校給食実施率 18年度は0.2ポイント増の95.2%、中学校給食の伸びがけん引


冷食日報 2019年3月13日付

冷食日報 2019年3月13日付

文部科学省はこのほど、「2018年度 学校給食実施状況等調査結果」を公表した。国公私立学校において学校給食を実施している学校数は30,092校(前回16年度は29,959校)。実施率は0.2ポイント増の95.2%と上昇した。そのうち、大きな伸びを示したのが中学校給食で、実施率は0.9ポイント増の89.9%となった。なお、前回調査では熊本地震の影響を考慮し、熊本県を調査対象から除いている。以下の前回調査も同様である。

また、完全給食(主食、おかず、牛乳から成る給食)の実施校数は29,553校で、実施率は前回調査比0.9ポイント増の93.5%。そのうち、米飯給食の実施率は100%となっている。米飯給食の週当たりの実施回数は3.5%で、前回調査比0.1回増となった。

保護者が負担する学校給食費の平均月額は、公立小学校で前回調査比20円アップの4,343円、公立中学校で同12円アップの4,941円となり、微増となった。

〈冷食日報 2019年3月13日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/feeding/2019/03/2019-0313-1121-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp