台湾産枝豆の輸入量、18年は1.4%減もシェア40.5%で11年連続首位/日台冷凍農産品懇談会


2019年日台冷凍農産品懇談会

2019年日台冷凍農産品懇談会

2019年日台冷凍農産品懇談会に日本・台湾双方から146人が参集

台湾の冷凍農産品製造者団体である台湾区冷凍蔬果工業同業公会(台湾公会:蔡敬虔理事長=大明食品工業董事長)と台湾貿易センターは3月8日、千葉市のホテルグリーンタワー幕張で「2019年日台冷凍農産品貿易懇談会」を開催し、日本側から輸入冷凍野菜品質安全協議会(凍菜協:川﨑順司会長=ニチレイ取締役執行役員品質保証部長)の会員をはじめとする日本の輸入販売企業や流通関係者ら88人、台湾側から台湾公会関係者・政府関係者ら58人、計146人が参集した。

同会合は今回が28回目。日台の冷凍農産物の生産と貿易に携わる関係者が一堂に会し、台湾凍菜の安定供給と品質向上、円滑な貿易体制の確立を目指した意見交換を目的としている。台湾側からは、台湾行政院農業委員会農糧署の胡忠一署長、台北駐日経済文化代表処(大使館)経済部の周立部長ら台湾政府関係者も参加した。

台湾冷凍枝豆・ほうれん草の生産、供給状況について、台湾貿易センター東京事務所の呉俊澤所長および、台湾公会の魏東啓氏によると2018年の日本の枝豆輸入量は前年比0.8%増の7万6,351トンと微増だったが、台湾からの対日枝豆供給は、前年比1.4%減3万0,904トン、金額ベースで77億1,196万円と微減となったものの、台湾のシェアは40.5%で大差をつけて11年連続の首位を保った(2位中国は8.2%増2万1,376トン・シェア28.0%、3位タイは1.0%減2万0,201トン・シェア26.5%)。一方、キロ単価は中国189円、タイ234円、台湾249円と台湾が高いが呉所長は「それに見合う農薬管理・品種改良・品質の高さでシェアを保てた」など述べた。冷凍ほうれん草の対日供給量は、56.7%増1,316トンと大きく伸びた。

19年の春作2万2,000トンまた、魏氏によれば2019年の生産予想は、枝豆の春作は4,000ha(18年春作4,414ha、秋作2,996ha)、ほうれん草は150ha(同150ha)で、製品数量では枝豆春作が2万2,000トン、ほうれん草が1,400トンだとした。

〈冷食日報 2019年3月11日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2019/03/2019-0311-1102-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp