19年1月の国産洋酒の出荷は前年比49%増、RTDと新ジャンルが好調


1月の国産洋酒の出荷

1月の国産洋酒の出荷

日本洋酒酒造組合がまとめた2019年1月の国産洋酒の出荷は、合計で前年比149.0%となった。15カ月連続の増加。ウイスキーは107.8%。RTD(Ready to drink=チューハイ・サワー等の低アルコール飲料)の「スピリッツ・発泡性」が124.2%に加え、7割がビールタイプ新ジャンル・3割がRTDの「リキュール・発泡性」163.2%がけん引した。新ジャンルは本紙推定で116.5%。

ホワイトスピリッツはジンが96.9%となったが、ウオッカ155.0%、ラム118.2%と伸長。甘味果実酒は「赤玉パンチ缶」分がオンして136.1%。

〈酒類飲料日報 2019年3月6日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/03/2019-0306-1157-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp